磯山友幸「経済ニュースの裏側」

いまも安倍政権にまとわりつく、「65歳定年義務化」という民主党政権の置き土産

2016年03月16日(水) 磯山 友幸
upperline
【PHOTO】gettyimages

「一億総活躍」の3つの柱とは?

安倍晋三内閣はアベノミクスの第2ステージとして「一億総活躍社会」を掲げている。その柱のひとつは「働き方改革」、つまり雇用制度の見直しだ。

その議論の舞台となるのが「一億総活躍国民会議」だ。昨年10月29日に初会合を開いて以降、2月23日までに5回の会議が首相官邸の大会議室で開催された。安倍首相を議長、加藤勝信・一億総活躍担当相を議長代理に、主要閣僚に加え、民間議員15人で構成する。女優で戸板女子短期大学客員教授の菊池桃子さんら多彩な人物が民間から選ばれたことで話題になった。

1月29日に開いた4回目の会合の締めくくりで、安倍首相はこう述べた。

「今春取りまとめる『ニッポン1億総活躍プラン』については、より構造的問題を取り上げたいと思います。本日のご議論を踏まえ、生産性向上問題のほか、特に次の3点を骨格としたいと考えます」

そして、第1の点として「働き方改革」を掲げた。

「第1に働き方改革です。具体的には、同一労働同一賃金の実現など非正規雇用労働者の待遇改善、定年延長企業の奨励等の高齢者雇用促進、総労働時間抑制等の長時間労働是正を取り上げます」

ちなみに骨格の第2点としては、「子育て・介護の環境整備」を掲げたほか、第3点としては「成長と分配の好循環のメカニズムを示すとともに、その効果をできる限り定量的に示したい」とした。

今後示される一億総活躍プランは、「働き方改革」つまり労働のあり方についての制度見直しが示されることになりそうだ。なかでも安倍首相が具体的に示したのは、「同一労働同一賃金」、「高齢者雇用の促進」「長時間労働の是正」だ。

2月23日に官邸で開いた5回目の会議。締めくくりの挨拶で安倍首相はこう述べた。

「本日は、働き方改革について議論を行いました。子育て世代や若者も、そして高齢者も、女性も男性も、難病や障害のある方々も、誰もが活躍できる環境づくりを進めるためには、働き方改革の実行が不可欠であります」

そのうえで、「同一労働同一賃金の実現」を挙げ、「我が国の雇用慣行には十分に留意しつつ、同時に躊躇なく法改正の準備を進めます」と強い意欲を示した。さらに、「どのような賃金差が正当でないと認められるかについては、政府としても、早期にガイドラインを制定し、事例を示してまいります」とし、法律家による専門的検討の場を立ち上げるよう指示した。

さらに、「できない理由はいくらでも挙げることはできます。大切なことは、どうやったら実現できるかであり、ここに、意識を集中いただきたい」と実現を畳みかけた。

1
nextpage



underline
アクセスランキング
1時間
24時間
編集部お薦め記事
最新記事