テレビのヨミカタ
2016年03月09日(水) 高堀 冬彦

松本人志と太田光が見せる「ワイドショー」への強烈なアンチテーゼ

サンジャポ、ワイドナショーが支持される理由

upperline
TBS『サンデー・ジャポン」HPより

『サンジャポ』と『ワイドナショー』、あなたはどっち派?

のんびりすることも出来る日曜日の午前中、あなたはどの番組を見て過ごすだろう?

午前10時台は、『サンデー・ジャポン』(TBS、日曜午前10時)と『ワイドナショー』(同、フジテレビ)が圧倒的な強さを誇っている。どちらも情報番組仕立てのバラエティー。両番組とも既存のワイドショーへのアンチテーゼという点でも同じだ。

かつては2001年にスタートした『サンジャポ』が同時間帯でのトップを独走していた。だが、約2年前に『ワイドナショー』が深夜帯から移ってくると、徐々に視聴率を伸ばし、最近ではほぼ互角の支持を得ている。

『サンジャポ』は爆笑問題の太田光(50)と田中裕二(51)が司会を務め、1週間に起きた時事問題や芸能情報を紹介。それについて太田やテリー伊藤氏(66)、デーブ・スペクター氏らコメンテーター陣が論評するという構成だ。

片や『ワイドナ』はダウンタウンの松本人志(52)が司会を務め、ゲストと一緒にワイドショーに取り上げられた話題を中心に意見を語り合う。こちらの売り物はなんといっても松本のトークだ。

フジテレビ『ワイドナショー』HPより
1
nextpage



underline
アクセスランキング
1時間
24時間
編集部お薦め記事
最新記事