歳川隆雄「ニュースの深層」
カテゴリーアイコン

安倍首相が内に秘める「米ロを取り持つのはオレ」という野心

本気度マックス

2016年02月20日(土) 歳川 隆雄
upperline
北方領土の日(2月7日)には「北方領土返還要求全国大会」でスピーチした安倍首相【PHOTO】gettyimages

安倍首相が重視する数々の「節目」

安倍晋三首相が対ロシア関係進展に向ける意欲は半端ではない。安倍首相の父・故安倍晋太郎元外相のDNAを継承していることが、大きく影響していることは間違いない。

安倍晋太郎氏は1991年5月15日、67歳で亡くなった。今年は没後25年の節目である。晋太郎氏が外相時代、北方領土返還と日露平和条約締結に強い意欲を持っていたことは周知の通り。

亡くなる直前、来日したゴルバチョフ・ソ連大統領との会談が最後の晴れ舞台となった。身体が衰えきった晋太郎氏を車椅子に乗せて会談の場に連れてきたのが、当時、晋太郎氏の秘書だった晋三氏である。

そもそも晋太郎氏は、ロシア(当時・旧ソ連)には『毎日新聞』政治部記者時代に外務省担当として、1956年10月の「日ソ共同宣言」(鳩山一郎首相とブルガーニン首相が調印)をスクープしたという因縁がある。

さらに言えば、今年は国交回復を果たした「日ソ共同宣言」調印60周年でもあるのだ。安倍首相が「節目」を重視していることは自明である。昨年2015年は、敬愛する祖父・岸信介元首相が成し遂げた60年日米安保条約改定から55年、岸氏が幹事長として実質采配を振るった55年保守合同・自由民主党誕生から60年目であった。

こうした「岸DNA」が、安倍首相をして解釈改憲を経て昨年9月の安全保障関連法成立に固執させたのは明らかだ。改めて指摘するまでもなく、岸元首相が晩年「遣り残した」こととして挙げたのが憲法改正であった。

1
nextpage



underline
アクセスランキング
1時間
24時間
編集部お薦め記事
最新記事