川口マーン惠美「シュトゥットガルト通信」

「難民キャンプ支援」に90億ユーロ拠出!?
ただしEUはもう、大量の難民を受け入れる気はない

2016年02月12日(金) 川口 マーン 惠美
upperline
〔PHOTO〕gettyimages

シリア難民の悲惨な現状

2月4日、ロンドンで70以上の国と地域の代表が集い、「シリア人道支援会合」が開かれた。

これまではクウェートでの開催だったが、今回は初めてヨーロッパで。難民問題が中東だけの問題ではなくなった証拠だ。EUが初めて本気になったとも言える。会合の目的は、トルコ、レバノン、ヨルダンなどの難民キャンプに対する経済援助のお金集めだ。

現在、シリア難民というと、EUに入っている難民が話題になっているが、難民の皆がEUに来られるわけではない。EUに到達しているのは、実は恵まれた難民である。

EUの規則(ダブリン協定)では、難民申請はEU圏内でしかできないと定められているため、まず、何がなんでもEUに入る必要がある。中東の難民が、今の混乱した状況でEUに入ろうとすれば、犯罪組織に大金を払って、幇助してもらうしかない。道中は過酷なので、体力も要る。つまり、今、EUにいる中東難民は(バルカン半島の経済難民は別)、ほぼ全員がお金と体力のある人たちということになる。

では、お金と体力のどちらかが無い者、あるいは、両方無い者ががどうしているかというと、戦闘や虐殺を逃れ、せいぜい隣国まで逃げるのがやっとだ。だから、ヨルダン、レバノン、トルコなどに大規模な難民キャンプができている。子連れは遠くまで逃げにくいので、キャンプには必然的に子供の割合も多い。つまりここでは、本当の意味の難民が、すでに何年も暮らしているのである。

その難民キャンプの状況が、大変悲惨なことになっている。トルコがすでに250万の難民を抱えているのを始め、レバノン、ヨルダンでも、それぞれ150万人、100万に達したという。レバノンは人口400万人、ヨルダンは650万の国なのだから、どちらも限界はとっくに超えている。

資金援助は主に国連が行っていたが、お金は足りず、2015年はすでに難民キャンプでの食料が大幅に切り詰められた。他の物にいたっては言わずもがなだ。学校や幼稚園もほとんどない。難民キャンプには、教育を受けられない子供達が何百万人もいるのである。

1
nextpage



underline
アクセスランキング
1時間
24時間
編集部お薦め記事
最新記事