長谷川幸洋「ニュースの深層」
カテゴリーアイコン

激動の朝鮮半島!北の脅威は日本に「対韓外交勝利」をもたらす

2016年01月08日(金) 長谷川 幸洋
upperline
〔PHOTO〕gettyimages

習近平の横っ面を張り飛ばした金正恩

朝鮮半島に激震が走った。北朝鮮が実施した4回目の核実験は日本に対する重大な脅威であるだけでなく、東アジア全体にとっても脅威になる。直前の年末には、韓国が慰安婦問題の解決で合意した。一連の朝鮮半島情勢をどうみるか。

今回の核実験でもっとも注目すべきなのは、事前に中国に通告していなかった点だ。中国はかねて北朝鮮の核実験に強く反対してきた。習近平体制発足後の2013年12月に3回目の核実験をしたことで、中朝関係関係は完全に冷え込んでいた。

中国は昨年10月、朝鮮労働党創健70年記念行事に中国共産党序列5位の劉雲山・政治局常務委員を北朝鮮に派遣し、徐々に関係改善に乗り出すかと思われた矢先だった。そこへ突然、通告なしに核実験を実施したのは、言ってみれば「お前の意向など関係ない」とばかり、最高指導者の金正恩が習近平国家主席の横っ面を張り飛ばしたようなふるまいである。

これで中朝関係は従来にも増して冷え込むだろう。冷え込むどころか対立する、とみていいかもしれない。

なぜ北朝鮮は後ろ盾である中国との関係悪化を覚悟しても、核実験に走ったのか。それは、金正恩がそうする以外に身を守る術がないほど追い詰められていたからだ。「核兵器さえ手に入れれば、だれも攻めてこないし話も聞くだろう。国内の求心力も増す」。そういう発想だ。

中国にしてみれば「北朝鮮は言うことを聞く子分」であり続けるのが好都合だった。子分が究極の兵器を手に入れてしまうと、親分の話を聞かなくなる可能性が増すので核実験に反対してきたが、いまや子分は独り歩きを始めた。

1
nextpage



underline
アクセスランキング
1時間
24時間
編集部お薦め記事
最新記事