ITトレンド・セレクト

史上最高のベンチャー投資家が大ピンチ!
~ITの流儀は「あの業界」では通用しなかった

2015年12月24日(木) 小林 雅一
upperline
KiOR社のホームページより

米国を代表するベンチャー・キャピタリストの手掛けた代替エネルギー会社が今、史上稀に見る経営破たんに瀕している。

それはまた、シリコンバレーなどIT業界で育まれたスピード重視の経営手法が、石油・ガスに代表される"伝統的"なエネルギー産業では通用しないことを示す事例としても注目されている。

●"A BIOFUEL DREAM GONE BAD" FORTUNE, December 15, 2015

伝説的投資家が立ち上げたバイオ燃料ビジネス

上記記事によれば、先頃、経営破たんしたのは、米テキサス州に本社を構えるバイオ燃料企業「KiOR」。同社を事実上、立ち上げ、その後も強力に資金援助してきたのは米国でも有数のベンチャー・キャピタリスト、ビノッド・コースラ(Vinod Khosla)氏だ。

コースラ氏は元々、米国でも一、二を争うベンチャー・キャピタル「クライナー・パーキンス(Kleiner Perkins Caufield & Byers)」で投資の腕を磨き、2004年に独立して自らのベンチャー・キャピタルを立ち上げた人物だ。クライナ―・パーキンスに在籍中の2000年には、米フォーチュン誌が「史上最高のベンチャー・キャピタリスト」と絶賛するほど卓越した投資家だった。

そんなコースラ氏が敢えてクライナ―・パーキンスを辞めて、自らの投資会社を立ち上げたのは、代替エネルギー事業に対する並々ならぬ熱意からだった。冒頭の記事によれば、コースラ氏は2006年に「石油への戦争」を宣言し、「今から25年以内に、我々(人類)はガソリン(石油)需要の大半をバイオ燃料で代替できるようになるだろう」との見通しを述べたという。

が、これほど代替エネルギーに対する思い入れが強ければ、逆に利益を出すためには、どんな分野にも投資するクライナー・パーキンスのような会社には居難くなる。だからコースラ氏は、敢えて自分の投資会社を興して、代替エネルギーへの夢を追い続けようとしたわけだ。

このようにして独立したコースラ氏は、その後、代替エネルギー事業を手掛ける幾つものベンチャー企業に投資したが、中でも最も力を注いだのが、冒頭で紹介したKiORというバイオ燃料企業だった。

KiORは、森林から木材を伐採した際に生み出される大量の木片(Wood Chip)などバイオマスを化学的に加工して、成分的にはガソリンと同等の代替燃料にする驚くべき技術を有していた。

1
nextpage



underline
アクセスランキング
1時間
24時間
編集部お薦め記事
最新記事