「現代ビジネス」政策講談-それ本当ですか?

志賀原発「活断層確定」報道は、本当に正しいのか?

科学的根拠なき結論で「経済効果」が損なわれる

2015年12月10日(木) 石川 和男
upperline
【PHOTO】gettyimages

志賀原発「活断層」問題

原子力規制委員会の中に、北陸電力志賀原子力発電所の敷地内にある破砕帯を調査する"有識者会合"というのがある。そこが以前提示した評価書案について、専門家どうしで検証する「ピア・レビュー会合」が先月20日に開かれた。そして、"活断層の可能性が否定できない"とした評価書案が支持された。

これに関する主要メディアの報道ぶりは、次のようなものだ。

読売新聞は『「活断層否定できず」同見解…志賀原発』との見出しで、「疑問点や異論は出たものの」と報じている(http://www.yomiuri.co.jp/local/toyama/news/20151120-OYTNT50479.html)。

産経新聞は志賀原発「活断層」確定へ 1号機は廃炉か 原子力規制委の検証会合』との見出しで、「大きな異論は出ず」と報じている(http://www.sankei.com/affairs/news/151120/afr1511200010-n1.html)。

日本経済新聞は『志賀原発の「活断層」、評価変わらず 規制委の有識者会合』との見出しで、「判断の根拠となる考え方やデータに対して疑問の声が上がったものの、最終的な結論に大きな異論は出なかった」と報じている(http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS20H3Y_Q5A121C1EE8000)。

私は以前から原子力規制委員会とその事務局である原子力規制庁の規制運用に特段の関心を持っている。本件についても、毎度のように、規制委・規制庁による公開映像(https://www.youtube.com/watch?v=w9XHoso6Gqs)と公開議事録(https://www.nsr.go.jp/data/000131505.pdf)の全てを見た。

1
nextpage



underline
アクセスランキング
1時間
24時間
編集部お薦め記事
最新記事