川口マーン惠美「シュトゥットガルト通信」

イスラム過激派が500人!テロ厳戒下のベルギーはいま、無法地帯になっている

「黒いハンドバッグ」に脅える市民たち

2015年11月27日(金) 川口マーン惠美
upperline
〔PHOTO〕gettyimages

政治的混乱が常態の「EUの首都」

ベルギーの首都ブリュッセルで、テロ警戒レベルが最高に引き上げられ、厳戒態勢に入ったのは21日だが、まだ解除されない。少なくとも30日まで続くそうだ。

ベルギーというのは昔からへんてこな国だった。首都のブリュッセルは、紛れもなく美しく豊かな街で、美味しいビールと極上のチョコレートでも有名だ。もちろん、2万5000人の職員を擁する欧州委員会の総局があるので、「EUの首都」ともいえる。

しかし一方で、ブリュッセル市の人口が100万人強なのに19もの自治体に分かれていて、19人の長がいて、6つの警察本部がある。公用語はフラマン語、フランス語、そしてドイツ語。政治は混乱しており、すでにそれが常態のようだ。大昔、落合信彦氏がベルギーのことを「白いインド」と呼んだが、言い得て妙だった。

2010年の総選挙の後はなかなか組閣ができず、ようやく新内閣が成立した時には、選挙から535日が経っていた。つまり、1年半のあいだ正式な政府がなかったのだが、とくに支障もなかった。とはいえ、535日の空白というのは、おそらく世界新記録だろう。現在の内閣は4党連立で、14年6月の選挙後、わずか(!)4ヵ月で誕生した。

ベルギーにはイスラム系の移民が多い。ブリュッセルでは、その数は、すでに住人の半数を超えており、近年では、新生児の名前で一番多いのがムハンマド君だという。

アラブ系だけでなく、アフリカ系の移民も多い。コンゴ、ルワンダ、ブルンジなど、ベルギーがかつてアフリカに植民地を持っていたためだ。

ベルギーの植民地政策は、多くの国がまだ植民地を持っていた20世紀の初頭でさえ、あまりに残忍であるとして国際的な非難を呼んだという。コンゴでは、過酷な搾取によって人口が5分の3に減ってしまったそうだ。

ベルギーの植民地であった国は、独立した後もそろって貧困から立ち直れず、そればかりか、内戦や虐殺など悲惨な状況が続いた。それは、独立に際しての宗主国の無責任な対応の結果によるところが多いと言われている。

1
nextpage



underline
アクセスランキング
1時間
24時間
編集部お薦め記事
最新記事