Best Car Life
2015年11月08日(日)

100年後に「生き残る会社」「消滅する会社」予測〜自動車業界はどうなる!?

ベストカー
upperline

「100年後も生き残れると思う日本企業」調査

未だ混沌としている日本国内の経済事情、これから日本はどこへ向かうのか?クルマファンでなくても気になりますね。そういう状況のなか、あるアンケート結果が発表された。それはクルマ好きにとってかなり衝撃的な内容だった!

本誌編集部員を含めて、一般庶民の生活がシックハックしているのに、日本の自動車メーカーは円安効果もあってどこも大儲けだ。トヨタにいたっては、平成27年3月期通期の連結決算は、最終利益が前期比19・2%増の2兆1733億円。トヨタとしても過去最高というから、まぁ、羨ましい限り。

「大企業はいいな~」とため息出ますね。

ところがそんな大企業もウカウカしていられないのが現在の日本の状況。シャープは3500人の大リストラで再建中、東芝は粉飾決算で社会的に大問題になっているし、あのファッション大手のワールドも希望退職者500人を募集、全店舗の15%を閉めるという事態になっている。そうそう、おなじみマクドナルドも別の理由で創業以来の大赤字となっているし、我々の業界では、大手取次も倒産するという状況になっている。

もちろん、BC編集部だって経費節約嵐の真っ只中だ。

そんな「どうするんだよ~」、という状況のなか、気になるアンケート調査が発表された。それがここで紹介する第2回「100年後も生き残れると思う日本企業」調査。

調査をしたのは東京都中央区にあるリスクモンスター株式会社という与信管理会社だ。

第2回と書いてのとおり、この調査は'14年7月に行われた1回目に続く2回目の調査だが、オチャラケの調査ではなく実に真面目に行われたアンケート調査。それだけに本企画の編集担当も結果を見てビックリこいた。

1
nextpage


最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
編集部お薦め記事
最新記事