川口マーン惠美「シュトゥットガルト通信」

ますますドツボにはまるメルケル首相
~難民問題は、「善意」や「人道主義」だけでは解決しない!

中東・シリア情勢は混迷を極め……

2015年10月23日(金) 川口 マーン 惠美
upperline
ベルリンを訪れたイスラエル・ネタニヤフ首相との会見で 〔PHOTO〕gettyimages

難民政策がらみで女性政治家が刺傷

10月17日、ケルン市長選の有力候補者であった女性政治家、ヘンリエッテ・レーカー氏が首をナイフで刺され、重傷を負った。翌日が投票日だったので、朝9時、最後のお願いで街角に立っていたところを賊に襲われたのだ。

犯人はすぐに捕まったが、動機を聞かれ、レーカー氏の難民政策が気に食わなかったと言っているらしい。彼女は無所属だが、現在の政権でも移民問題担当で、リベラルな移民政策を展開していた。

翌日の選挙では、極右の暴力に屈するものかと市民が一致団結したらしく、レーカー氏は絶対多数を獲得し、市長に選ばれた。しかし、現在、脳低温療法のため、人工的にひき起こされた昏睡状態で集中治療室に横たわっている。

メルケル氏が、9月初旬、ハンガリーに溜まってしまったシリア難民を例外的に引き受けると宣言して以来、9月5日から10月15日までの6週間で、40万9000人もの難民がドイツへやってきた。

さすがにこのままでは収拾がつかないとして、早急に数の上限を定めて、秩序だった受け入れを実施すべきだという声は与党内でも高いのだが、メルケル氏は、「政治難民の受け入れに上限はない」として断固譲らない。

しかし、そのおかげで、受け入れを義務付けられている州政府、また、その下で実際に受け入れに当たっている自治体が、ものすごく困っている。

その混乱ぶりはこのコラムでもしばしば書いているので繰り返さないが、ドイツは今、解決法のない困難に遭遇していると言っても過言ではないだろう。

1
nextpage



underline
アクセスランキング
1時間
24時間
編集部お薦め記事
最新記事