ドクターZは知っている

「就職活動解禁日」日本特有のくだらない慣行を撤廃せよ!
~トクをするのは大企業だけ。若者に、自由な就活を

2015年10月18日(日) ドクターZ
週刊現代
upperline
〔PHOTO〕gettyimages

企業、学生、大学。それぞれの本音

今年から就職活動の選考解禁日が昨年より4ヵ月繰り下げられ、8月1日からになった。だが、フライングして選考を開始する企業が続出、経団連の榊原定征会長も「失敗だった」という旨の発言をし、来年以降の見直しを示唆した。

結局、就活の開始時期はいつがいいのか。企業、学生、大学、それぞれの本音はどうなのか。

現在の就活は、経団連が「倫理憲章」を定め、それに対して大学側が「申し合わせ」をした上で行われている。これは'97年から施行されている仕組みで、いつから選考を解禁するかを企業と大学が相談してルールを決め、なるべくそれを守ろうというものだ。

ただ「倫理憲章」には何ら拘束力がないため、「内々定」などの言葉遊びを用い、抜け駆けして選考をする企業が多く、就活時期は年々前倒しになる傾向にあった。

そもそも、こうした仕組みを作り、得をするのは誰か。それは大企業に他ならない。仮に何の縛りもなく、自由に選考が行われるようになれば、大企業は人材の確保が難しくなるからだ。

大企業の意向が見える最たる例が、「新卒一括採用」という慣行。卒業予定者に対して一括して選考を行い、在学中に内定を出すもので、「就職カルテル」といっても過言ではない。一括で選考をされれば、知名度の低い中小企業が優秀な学生を採用するのは困難だ。

実は、新卒一括採用というのは、欧米にはない日本独特の慣行である。欧米では新卒の概念がない上に、通年採用でもあるので、「倫理憲章」や「申し合わせ」は意味をもたない。

今年の選考時期が繰り下げられたのは、就活の長期化を避けるためというのが表向きの理由。だが背景には、選考の時期を改めて決め直し、自分たちに有利な就活をしたいという大企業の意図があるのは明らかだ。

1
nextpage


最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
編集部お薦め記事
最新記事