高橋洋一「ニュースの深層」
カテゴリーアイコン

なんという皮肉……
民主党議員の「暴力行為」が、集団的自衛権の必要性を証明してしまった!

2015年09月21日(月) 髙橋 洋一
upperline
この写真については、本文中で詳しく説明する【PHOTO】gettyimages

「ルール違反」を連発した民主党

19日未明、安保法案が成立した。長時間の演説で議事進行を妨害する「フィリバスター」や投票を遅らせる「牛歩」はルール違反であり、見ていて嫌悪を感じた人も多かっただろう。

参院第一委員会室における乱闘も無様だった。岡田克也・民主党代表は、「あらゆる手段で阻止する」と語っていたが、議会乱闘も含まれていたのかと邪推してしまう。

国会内での議会乱闘について、今の制度は寛容だ。憲法50条では「両議院の議員は、法律の定める場合を除いては、国会の会期中逮捕されず、会期前に逮捕された議員は、その議院の要求があれば、会期中これを釈放しなければならない」とされ、国会法33条で「各議院の議員は、院外における現行犯罪の場合を除いては、会期中その院の許諾がなければ逮捕されない」と規定している。

このため、国会内で暴行罪に問われるような議会乱闘をおこしても、現行犯でも逮捕されない。

今日のコラムで取り上げるのは、次の二つの「事件」である。いずれも、具体的な議会乱闘だ。議事進行や討論などでは意見の対立はあってもいいが、議論以前の「暴力」という問題だ。リンクした映像もインターネットで簡単に入手でき、今や国民はすぐに知ることができる。まず、これらを確認してもらいたい。

1.津田弥太郎参院議員の暴行疑惑 

https://www.youtube.com/watch?v=gQ1n09Mmqmc

2.小西洋之参院議員のダイブ 

https://www.youtube.com/watch?v=pMMpiZOaAS8

1.津田弥太郎参院議員の暴行疑惑については、産経新聞が18日に報じていた(http://www.sankei.com/affairs/news/150918/afr1509180047-n1.html)。産経新聞の報道は、上の映像で確認できる。

被害にあった大沼瑞穂氏(自民党)は、国際法で有名な大沼保昭先生のお嬢さん。華奢な人なので、後ろから不意に男の人に暴力を受けたらひとたまりもない。

暴行を加えたとされる津田弥太郎氏は、「関係ない」といっている(http://www.sankei.com/politics/news/150919/plt1509190049-n1.html)。

20日放送のNHK日曜討論で、和田政宗氏(次世代の党)が言及し、民主党に対して抗議した。それに対して、辻元清美氏(民主党)は、議員運営委員会で対応すると話していた。これは、国民を欺く「そらし論法」だ。

正しくは、議員運営委員会の話ではなく、懲罰委員会が対応すべき問題だ。国会議員への不逮捕特権があるので、国会内の暴力問題に対処できるところは、懲罰委員会以外にないからだ。

谷垣禎一・自民党幹事長は、懲罰動議も検討しているという。この連休明けにも、そうした動きは出てくるだろう。

筆者のところには、民主党支持者とおぼしき人から、「安保法案の採決の強引さに比べればマイナーなことである」など、暴力肯定ともとれる意見も寄せられているが、戦争法案反対としながら、公然と暴力行為をするのはおかしいといわざるをえない。

1
nextpage



underline
アクセスランキング
1時間
24時間
編集部お薦め記事
最新記事