経済の死角

支持率トップの米大統領候補 
大富豪ドナルド・トランプの暴走発言が止まらない!

「アビ(安倍)は殺人者」「金持ちが一番偉い」

2015年09月10日(木) 週刊現代
週刊現代
upperline
「私は神が創造した偉大な大統領になる」と語るトランプ氏〔PHOTO〕gettyimages

目立ってナンボの人生

来年11月の米大統領選にとんでもない男が名乗りを上げている。ドナルド・トランプ(69歳)。

全米にホテルやカジノ、ゴルフ場などを保有し、「アメリカの不動産王」と呼ばれる大富豪だ。その個人資産は1兆円を超えるともいわれている。そのトランプ、言うことがとにかく過激だ。たとえばこんな具合に。

「昨今の対日政策はだらしなさすぎる。その原因はキャロライン・ケネディ駐日大使だ。彼女はアビ(安倍)首相の接待ばかり受けていて、自分がなぜ日本に派遣されているのか、その意味すら分かっていない」

「アメリカは世界一の影響力を持った国だ。アメリカのおかげで日本が生きていられることを、分からせる必要がある」

仙台大学教授で元朝日新聞アメリカ総局長の高成田享氏が語る。

「トランプ氏のビジネスは相場師的で、勝ち負けを繰り返してきました。それでも最終的に莫大な資産を築き上げた。成功と失敗を繰り返し、最後は大統領を目指す。それはある種、アメリカンドリームのロールモデル(手本)なんです。

トランプ氏は生来の目立ちたがり屋。人生の最後に大統領の座を狙うのは、いかにも彼らしい」

トランプは「自己顕示欲の塊」——。その言葉通り、彼は今回の選挙演説でも数々の「暴言」を吐き、全米どころか世界で注目と顰蹙を集める存在となっている。

「メキシコ人は、犯罪を持ち込むレイプ犯」と言って不法移民を敵視。選挙番組で自分を批判した女性司会者には、「彼女の目は血走っていた。どこであれ、血が出ていた」と、月経を示唆するような下品きわまりない発言をして物議を醸した。

1
nextpage


最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
編集部お薦め記事
最新記事