磯山友幸「経済ニュースの裏側」

日本はいつから「ホテル不足」になったのか?
~ああ、空室が足りない!日本に何人の外国人が泊まっているか、ご存知ですか?

2015年08月26日(水) 磯山 友幸
upperline
※写真はイメージです【PHOTO】gettyimages

どんなホテルも満室!

日本政府観光局(JNTO)が8月19日に発表した今年7月の訪日外客数(推計値)は191万8000人と、単月としては過去最高を記録した。一年前の7月は127万人だったので、51%の増加に当たる。月間ベースでのこれまでの最高は今年4月の176万5000人だったが、これを一気に上回った。

アベノミクスによる円安を背景にした日本旅行ブームが続いている。6月には上海株が急落し、その影響が懸念されたが、ブームにはまったく陰りが出ていない。都会の百貨店などを中心に、中国や香港、台湾からの旅行者による「爆買い」が起き、日本の消費を下支えする役割を果たしている。また、地方の景気浮揚にも外国人観光客の落とすおカネがひと役買っている。

日本におカネを落としてくれるという面ではありがたい外国人観光客だが、そのシワ寄せが鮮明になってきた。日本各地でホテルが足りないのである。

ゴールデンウィークだった今年4月のホテル稼働率は、観光庁の調べによると、シティホテルが80.3%、ビジネスホテルも74.2%だった。中でも観光地の稼働率は高く、京都府ではシティホテルが88.9%、ビジネスホテルが83.1%に達した。

どんなホテルも満室状態といった水準の数字である。首都圏や関西圏のほか、愛知県や福岡県など大都市圏のホテルはほとんど予約が取れない状態になったのだ。この傾向は外国人観光客が大挙して押し寄せた7月以降も続いている。

訪日外国人の増加にともなって、ホテルなど宿泊施設に泊まる外国人の延べ宿泊者数も激増している。東日本大震災があった2011年の外国人延べ宿泊者数は1841万人泊で、日本人も合せた全体の4.4%に過ぎなかったが、2012年には2631万人泊と全体の6.0%に上昇。2013年は3349万人泊で7.2%、2014年は4482万人泊で9.5%まで上昇した。

最新のデータである今年6月の宿泊状況を見ると、外国人の宿泊割合は14.4%にまで達している。宿泊者の7人にひとりが外国人という計算である。もちろんこれは平均だから、外国人観光客に人気のホテルとなると、圧倒的に外国人客で埋まっているという状況になっているのだ。

予約が取れないだけではない。取れたとしても価格が劇的に上昇しているのである。この8月に筆者が実際に泊まった京都のビジネスホテル。15平方メートルのシングルルームは1泊朝食なしで1万5000円だった。アベノミクスが始まった頃でも8000円も出せば泊まれたビジネスマン御用達のホテルだったが、綺麗に改装したこともあってか、一気にグレードアップした。

これでは企業の出張経費の規定オーバーは確実だろう。もはやビジネスユースの常連客より、外国人観光客が上得意ということのようだ。

1
nextpage



underline
アクセスランキング
1時間
24時間
編集部お薦め記事
最新記事