田崎史郎「ニュースの深層」
カテゴリーアイコン

まさに「好事魔多し」
不退転の決意で
国会延長を決めた安倍首相
支持率はどこまで下がるか

2015年06月29日(月) 田崎 史郎
upperline
身内に足を引っ張られてしまう

好事魔多し、とは、このことだろう。今国会の会期を戦後最長の95日間も延長したことによって、首相・安倍晋三は安全保障関連法案の成立、審議を尽くしたという「努力賞」、9月の自民党総裁選での再選という、3枚のカードを一挙に手にした。ところが、その3日後の25日、自民党の有志議員でつくる「文化芸術懇話会」で報道機関に圧力を加える発言が相次いだことが発覚。自民党は27日、会の代表である党青年局長・木原稔を役職停止1年、発言した衆院議員3人に厳重注意という処分を下さざるを得なかった。

何が起こったのか--。

総裁選も視野に入れた国会会期延長

9月27日までの延長幅を決めたのは、安倍本人である。自民党幹事長・谷垣禎一と官房長官・菅義偉が協議して安倍に提出した案は9月16日か同19日で閉じる案だった。

今年の秋は9月20日から23日まで4日連続の祝・休日があり、同19日の土曜日を含めると、5日間の休みが取れる「秋の大型連休」になる。維新の党の取り込みに失敗したことによって、大幅な会期延長を決断せざるを得なくなった時点で、この大型連休の前とするか、後にするかが焦点だった。

1
nextpage



underline
アクセスランキング
1時間
24時間
編集部お薦め記事
最新記事