北京のランダム・ウォーカー

日韓国交正常化50周年! こじれにこじれた両国関係に解決策はあるか

2015年06月22日(月) 近藤 大介
upperline
尹炳世外相(左)と岸田文雄外相(右)ソウルで開催された第7回日中韓外相会議にて 〔PHOTO〕gettyimages

韓国政府が掲げる日本の「6大問題」

6月22日、日韓国交正常化50周年を迎えた。まことに、この間の紆余曲折を象徴するような、すっきりいかない50周年である。

前日に、朴槿恵政権が発足して2年4ヵ月で「初めて」尹炳世外相が来日した。尹外相は、先々週には、日本の産業革命関連建造物の世界遺産登録を阻止するため、遠くドイツまで視察に出かけていったばかりというのに、お忙しい方だ。

ちなみに、日本外務省の外交官の間で、この韓国外相の評判は最悪である。21日に岸田文雄外相との日韓外相会談に臨んだが、かつての孔魯明外相のような、言うべきことは言いながらも日本とガッチリ手を握る知日派の外相は、もう望むべくもないのかもしれない。

韓国は李明博政権の時代から、日本との「5大問題」を掲げて対峙してきた。慰安婦問題、歴史教科書問題、靖国参拝問題、竹島(独島)問題、それに植民地時代の強制徴用問題である。それがいまは、世界遺産登録問題も加わって、「6大問題」なのだとか。これではまるで、日本は「敵国」扱いだ。

朴槿恵大統領の失敗は、中でも、慰安婦問題を日本との解決すべき第一の問題として、前面に掲げてしまったことだろう。韓国初の女性大統領として、「もはや生存者が50人しか残っていない」という切迫した気持ちが、その理由だったのかもしれない。

だが戦略的には、決して得策ではない。なぜなら慰安婦問題に関しては、日本側の理論武装が完全にできているからである。

1
nextpage



underline
アクセスランキング
1時間
24時間
編集部お薦め記事
最新記事