経済の死角

独占公開 いま有力投資家たちが競って読んでいる 世界最大のヘッジファンド・マネジャーが顧客だけに配った"経済レポート"の中身

——株は上がるのか、下がるのか、円安はどうなるのか

2015年06月22日(月) 週刊現代
週刊現代
upperline
黒田日銀総裁が円安を牽制する発言をし、為替市場は大混乱に。日経平均も急落した 世界の未来はイエレン議長の手腕にかかっている〔PHOTO〕gettyimages

本来は一般の目に触れるものではなかった—世界の金融界でも指折りの実力者が記した文書が流出、波紋を呼んでいる。最大・最強と称されるファンドのトップが予見した「世界経済」の行方とは。

「年収1兆円」の男

「いきなり、氷水を浴びせかけられたようなものです」

こう語るのは、大手金融機関の為替ディーラー。6月10日、衆議院財務金融委員会での黒田東彦日銀総裁の発言で為替相場は大混乱に陥った。

黒田総裁は「ここからさらに為替レートが円安に振れるということは、普通に考えればありそうにない」という主旨の発言をし、円ドルレートはわずか15分で1円50銭も急騰。122円台半ばをつけた。同時に、6月2日には2万619円をつけていた日経平均も2万円割れギリギリまで下落。つい先日までさらなる高みを目指していたかに見えた株式市場が、実は非常に不安定な状態にあることが、図らずも明らかになったのだ。

このような不穏な動きは、現在、世界中で進行しつつある大きな地殻変動の「予兆」かもしれない。そのことを裏付けする文書を本誌は入手した。

ひとまず、舞台をアメリカに移そう。

聞こえてくるのは、川のせせらぎと鳥のさえずりだけだ—コネチカット州ウェストポート。ニューヨークから北に80kmに位置する自然林の中に「世界最大のヘッジファンド」のオフィスはある。ウォール街の喧騒とはほど遠い環境にある天然石とガラスの建物の中で、選ばれし1200人の「猛者たち」が途方もない富を生み出している。

ブリッジウォーター。

日本で知る人は少ないが、金融業界に通じている人間が聞けば必ず身構える名前だ。'75年の創業以来、右肩上がりで成長を続け、現在の運用規模はヘッジファンドとして世界一の1650億ドル(約20兆円)。S&Sインベストメンツの岡村聡氏は語る。

「創業者のレイ・ダリオは、毎年数千億円の年収を稼ぐ金融界の超大物で、近いうちに人類史上最高額の年収100億ドル(約1兆2500億円)を突破するのではないかと噂されています。

巨大なコンピュータ・システムと精緻な経済モデルを駆使して市場を予測することで知られ、彼の発言は市場関係者のみならず、FRB(米連邦準備制度理事会)やアメリカ政府の上層部も注目している。

リーマンショックを正確に予測していたため、元FRB議長のアラン・グリーンスパンが『米政府にもダリオのモデルを使わせてもらえないか』と嘆願したこともあったそうです」

1
nextpage


最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
編集部お薦め記事
最新記事