読書人の雑誌『本』より
2015年06月06日(土) 神里達博

関東人は大阪を知らない!
東京と違う大阪のデフォルトとは?

upperline
photo Getty Images

「文明探偵」を産んだ街─大阪

 

(文・神里達博)

関東人は、大阪を知らないことを、知らない

早いもので、大阪に住んでもう3年になる。

私は7歳から、ずっと関東に暮らしてきた。親戚もほとんどが首都圏在住で、関西にはまるで縁がなかった。そんな私が40を過ぎて大阪に赴任することになり、当初はかなり戸惑った。

そもそも純粋な関東の人間は、関西のことをよく知らない。いや、知らないことを、知らない。特に「大阪」は穴場だと思う。

東京の人間は、種々の「謀略」により、「京都を消費したい」という欲望にしばしば突き動かされる。しかし大阪への関心は、京都に比べるとかなり薄いと思う。そういうこともあり、関西に縁がない人間の「大阪のイメージ」は、一般に乏しい。

私の場合は特に酷く、「通天閣」「道頓堀のグリコ」そして「吉本」で終わっていた。実のところ今だって、大阪について知っていることは非常に少ないと思う。たぶん、旅行者に毛が生えた程度だろう。

しかしそれでも、私にとっての大阪は、想定外に刺激的だった。少し、エピソードを述べたい。

まず、大阪に来て最初に驚いたのは、「看板」であった。東京の街で見かける看板は、「横文字」と「若い女性」が多い。しかし大阪の看板は「日本語」と「オッサンの絵」が多い。いや、実数はそれほど多くないのかも知れないが、パンチの効いたオッサン(社長?)の漫画で自社を直接アピールするような、そういう類の看板を結構見かける。

オッサンと言えば、あるタクシー運転手の話。彼は交通警察に捕まっていた(「捕まっていたこと」は確かである、「交通切符」らしいものが見えたから)。しかし警察官は苦虫をかみつぶしたような顔で、黙って腕を組んで突っ立っている。対する運転手は、猛然と喋る。いや、警官に激しく「説教」をしているようだ。身振り手振りで熱弁を振るい、最後に彼はこう言い放った。

「しゃあないわ、もうラチあかんわ、今日のところはこの辺で勘弁したるっ!」

1
nextpage



underline
アクセスランキング
1時間
24時間
編集部お薦め記事
最新記事