市川裕康「デジタル・キュレーション」

「コミュニティはデジタルマーケティング戦略の次のフェーズになる」 全米からコミュニティマネージャーが集った「CMX Summit East」レポート

2015年05月26日(火) 市川 裕康
upperline
全米から約250人のコミュニティマネージャーが集い開催された「CMX Summit」(写真:CMX Media)

5月18日にニューヨークのブルックリンで開催された「CMX Summit East」に参加する機会を得ました。概要は以前に紹介したとおりで、大企業、スタートアップ、非営利団体、草の根グループなどのコミュニティを運営する、いわゆる「コミュニティマネージャー」と呼ばれるプロフェッショナルが全米から集い、お互いのベストプラクティスなどを共有し、新しく生まれつつある「業界」をさらに盛り上げる機運が感じられるカンファレンスでした。

*コミュニティマネージャー同士の対話・ノウハウ共有の必要性から生まれたカンファレンス「CMX Summit」とは? #CMXSummit (5/12/2015) http://bit.ly/1J7m1Ef

2015年の2月に第1回が開催され、今回で4回目を迎えます。参加者は約250名、海外からもインド、ノルウェー、イギリス、ドイツなどからも参加者が集まり、みな手探りながらも、少しずつ成熟しつつある業界を創りだそうとしていく熱気や気概が感じられるひと時でした。

前回、前々回のカンファレンスはオンラインのストリーミング配信で視聴して概要をレポートしたことはあったものの、今回初めて実際のカンファレンスに参加することでいくつか印象深いポイントがありました。3つのポイントに絞ってお伝えします。

1
nextpage



underline
アクセスランキング
1時間
24時間
編集部お薦め記事
最新記事