伊藤博敏「ニュースの深層」
カテゴリーアイコン

拉致問題で誠意ある回答のない北朝鮮を恫喝!? 朝鮮総連トップ次男逮捕の裏側

2015年05月14日(木) 伊藤 博敏
upperline
13年近く前のこんな光景は、安倍政権下ではもう見られない!? photo Getty Images

「これで安倍(晋三)政権の間に、拉致被害者が帰国することはないだろう」

朝鮮総連トップ、許宗萬議長の次男逮捕を受けて、総連関係者がこう断言した。

北朝鮮政府も抗議

複雑な歴史的背景を抱え、どんでん返しが相次ぐ日朝関係は、先行きの予想がつかないものの、現段階で、息子を逮捕された許議長が、激しい怒りを燃やしているのは想像に難くない。

また、北朝鮮政府も最近は総連との一体化をアピールしており、次男・許政道逮捕につながった一連の「マツタケ不正輸入事件」の捜査に対し、抗議を続けている。

拉致被害者らの総括的な調査を約束した「ストックホルム合意」から約1年が経過したが、今回の事件で、両国の関係が、当面、冷え込むのは避けられまい。

事件構図はシンプルであり、容易に想像できる範囲のものだった。

2010年9月27日、北朝鮮産のマツタケ約1800キロ(輸入申告価格約450万円)を中国産と偽り、中国経由で不正に輸入したというもの。

産地を偽装して北朝鮮産を輸入する外為法違反事件は、過去に何度も繰り返され、マツタケの他、アサリ、ウニ、漢方薬など枚挙にいとまない。

日本政府は、北朝鮮が核実験を行なったのを機に、06年以降、北朝鮮からのマツタケ輸入を全面禁止。重要な“稼ぎの品”を失った朝鮮総連は、傘下の貿易会社「朝鮮特産物販売」が、ダミーを使って中国経由で輸入した。許政道容疑者は、それを主導したという。

問題は、「なぜ今なのか」である。

1
nextpage



underline
アクセスランキング
1時間
24時間
編集部お薦め記事
最新記事