upperline
ロボットを走らせるために、プログラミングする子どもたち

「授業では課題だけを提示します。決められた『答え』というものはありません」――こう話すのは、Qremo(クレモ)渋谷校で講師を勤める増田悠さん(26)。同校は、5歳から高校生までを対象としたIT教室で、ゲームアプリのプログラミングや3Dプリンターを使ったものづくりを教えている。子どもたちは最先端技術を駆使し、遊ぶように学び、学校や塾とは違った顔を見せる。

Qremoを運営するのは、障がい者の就労支援事業などを行うLITALICO(リタリコ、東京・目黒区)。渋谷と川崎に教室を持ち、約400人が通っている。学年は小学生が8割ほど。コースは6つで、アプリ開発やウェブデザイン、ロボット作りなどがある。

パソコンを使う授業では、子どもたち1人に1台のマックブックを貸し出す。マサチューセッツ大学で開発された教育ツールを導入し、世界水準のICT教育を行っている。

「答え」を自由に考える

4月11日、クレモ渋谷校でロボコン大会が開催された。大会に参加したのは、ロボットテクニカルコースに通う10人弱の子どもたち。レゴブロックで作ったロボットを、プログラミングで動かし、コースタイムを競い合った。

コースにはピンポン玉など障害物が置かれている

講師から大会のルール説明が終わると、子どもたちは、曲がる方向・進む距離などを考え、自分のロボットにプログラミングしていく。ロボットはレゴブロックで作られているので、大きさや形はそれぞれ異なる。

ロボットの形は一人ひとり異なる

ロボットを曲げるときに用いられるのは、「超音波センサー」か「タッチセンサー」のどちらか。超音波センサーは前方10センチに障害物を感知したら作動し、タッチセンサーはモノにぶつかったときに作動する。

距離を考えて、プログラミングしているので、論理的には問題なくコースを完走するはずだが、実際そううまくはいかない。スタート地点でロボットの置き場所が数ミリでもズレていたり、ロボットの部品をしっかりとはめていないと、想定外の走りをし、完走することができない。ソフトだけでなく、ハード面も考えないとクリアできない。

子どもたちはレース本番までに許された5回の試し運転の機会を生かし、調整に努めた。

曲がり角では、多くの子どもたちが苦戦した

女の子で唯一大会に参加した、小学5年生の黒坂知世ちゃんは「課題を見つけて、クリアできたときが楽しい」と話す。学校での授業と違い、決められた「答え」がないので、「自分で自由に考えられるところが好き」と言う。

知世ちゃんは小学校低学年から、部品を分解するのが好きだった。シャープペンの分解から始まり、今ではIT機器も分解する。分解して、きれいなネジを見つけては宝物として集めているという。

1
nextpage



underline
アクセスランキング
1時間
24時間
編集部お薦め記事
最新記事