川口マーン惠美「シュトゥットガルト通信」

助ければ助けるほど、難民は増えていく---リビア沖の難民船沈没事故から考える、EUの欺瞞

2015年04月24日(金) 川口マーン惠美
upperline
〔PHOTO〕gettyimages

4月の18日間だけで難民1500人が地中海で水死

4月18日、難民が鈴なりになった船がリビアからマルタ島に向かおうとしていた。おそらく900人近くが乗っていたと言われ、そのうち数百人が船倉に閉じ込められていた。

そこに、ポルトガル籍のコンテナ船が通りかかり、甲板にいた難民が助けを求めようと一斉に船の片側に寄ったため、船は傾き、沈没した。水温は17度だったが、たいていのアフリカ人は泳げない。また、女性や子供も多かったらしく、助かったのはたったの28人。その他は全員、水死した模様だ。

その6日前の12日にも、やはりリビア沖で難民ボートが沈み、約400人が亡くなった。地中海では4月の18日間だけで少なくとも1500人が水死しているという。しかし、この数字とて、確認できた沈没船から得られたおおよその人数であり、実際には、より多くの難民船が地中海に漕ぎ出し、そして、誰にも気づかれないまま沈没している可能性は高い。今、地中海には、どれだけの死体が漂っているかわからない。

EUは、ここに至って深刻な状況に陥っている。難民は、とにかくあちらこちらから押し寄せてくるが、対策はまるで追いつかず、難民政策はあって無いようなものだ。難民の出身地は、シリアをはじめ、エリトリア、マリ、ナイジェリア、ガンビアなど多岐にわたる。そして、アフリカ大陸やトルコには、EUへの密入国を斡旋する悪質な組織が跋扈している。

戦乱と貧困と飢餓と抑圧により生きる道を失った人々は、斡旋業者に5,000~8,000ユーロという大金を払い、ヨーロッパへの移住に命をかける。皆、EUにさえ行き着けば、仕事があって、どうにか暮らしていけると思っているのだ。

1
nextpage



underline
アクセスランキング
1時間
24時間
編集部お薦め記事
最新記事