経済の死角

全国民必読レポート 彼らなしではもう日本経済は成り立ちません 耐えて儲けよ、ニッポン 中国人「爆買い」ツアーボロ儲けの現場報告(上)

2015年04月25日(土) 週刊現代
週刊現代
upperline
どんなに憎たらしくても、もはや離れられない〔PHOTO〕gettyimages

大嫌いなのに、最高のお客様!?「反中」「嫌中」なんて、もうどうでもいい。お下品だけど、こんなに買ってくれてありがとう

爆買い・爆泊・爆花見—押し寄せる中国人観光客の大群に、街や観光地は占拠された。不愉快な思いをすることもあるが、隣国の成長力をうまく取り込めれば、日本経済に最高の「追い風」になる。

愛想笑いをするしかない

「○×※△□○……!」

飛び交う中国語。何を言っているのかさっぱりわからないが、日本人の感覚からすると、それは話し声というより、罵声に近い。

団体観光客とおぼしき中国人の7~8人の集団が、キャリーカートをガラガラと騒々しく引きながら銀座の一等地にあるデパートのブランド品売り場に押し寄せるのは、今や日常風景である。

「来ました!」

フロアに立っていた売り場の担当の一人が、すかさず内線電話をかける。すると、おそらく中国人が好むのであろう赤い法被を着た販売員が飛んできた。どうやら中国語を話せる「専門」の人材らしい。高級バッグを手にしてベタベタ触っては、気に入らなければぞんざいに棚に戻す客。本物を買ったという証拠にでもするのか、写真を撮り始める者もいる。

そこには高級デパートらしい、ちょっと澄ましたエレガントな空気など微塵もない。それでも日本人の販売担当者は、何百万円も「爆買い」してくれる中国人客の前では、ヘラヘラと愛想笑いを浮かべざるを得ない。

1
nextpage


最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
編集部お薦め記事
最新記事