つながる!ソーシャル時代 ヒト・カネ・コト
2015年04月02日(木) 松岡 由希子

美食の国イタリアで、食とテクノロジーによるイノベーションを語り合うカンファレンス「Seeds & Chips」

upperline
2015年3月ミラノで開催されたカンファレンス「Seeds & Chips」

「Seeds & Chips」開催!

伊ミラノでは、「Feeding the Planet, Energy for Life(地球に食料を、生命にエネルギーを)」をテーマとする「EXPO Milano 2015(2015年ミラノ国際博覧会)」が、いよいよ2015年5月1日に開幕。日本、米国など148の国・地域・国際機関が参加を予定し、10月31日までの開催期間中、2000万人以上の来場が見込まれています。

そして、この国際的なイベントに先立ち、食とテクノロジーの融合によるイノベーションを考えるカンファレンス「Seeds & Chips(シーズ・アンド・チップス)」が、2015年3月26日から29日までの4日間、ミラノコンベンションセンターで初めて開催され、イタリア内外の起業家、スタートアップ企業、シンクタンク、インキュベーター、投資家、学識経験者、メディア関係者らが参加しました。

オープニングカンファレンスで挨拶する「Seeds & Chips」の創設者Marco Gualtieri氏

消費者の多様なニーズに応えるサービスが誕生

近年、テクノロジーの進化に伴い、食の生産・加工・流通・消費までのプロセスにおいて、様々な変化があらわれはじめています。たとえば、水耕栽培や制御システムなどの活用によって、都市部などでも農作物の栽培が可能となりつつあります。また、地元の農家と消費者を直接つなぐオンラインプラットフォームのように、Eコマースを活用した新たな流通チャネルが構築されてきました。

1
nextpage



underline
アクセスランキング
1時間
24時間
編集部お薦め記事
最新記事