現代ノンフィクション
2015年03月25日(水)

平松邦夫 前大阪市長が緊急寄稿
「私はなぜ、橋下徹市長を訴え、動画削除を求めるのか」

upperline

橋下市長が懸命に論点をずらされようとしている

3月23日に高橋洋一氏が現代ビジネスの「ニュースの深層」に寄稿された「平松前大阪市長が橋下徹大阪市長を告訴」という記事を読ませてもらいました。

平松邦夫・前大阪市長

その投稿自体は高橋氏がご自身の連続シリーズの一つとしてお書きになったものであり、私はそれに対する反論を展開しようというものではないことをまずご承知置き頂きたいと思います。

ただし、この記事で展開されているお話は、橋下市長が懸命に論点をずらされようとしているものを補完する意図を持って書かれているとしか思えませんので、名誉を棄損され続けていると訴訟に踏み切った当事者として「本筋」をきちんとお示ししたいとの思いから書かせていただきます。

現代ビジネスでは市長在任中の2010年12月から「永田町ディープスロート」にインタビュールポを5回連続でアップして頂いたご縁があることからこういう機会を与えて頂きました。(現代ビジネス内ページ検索で「もうひとつの大阪」を検索すると全て残っています)

現時点(3月25日)ではあまり多くのメディアが提訴自体を取り上げていない状況であるにもかかわらず、こうした機会を得ることができたのは、大阪市の財政特別顧問をされている高橋氏の寄稿により実現できたことと、ある意味感謝いたします。

高橋氏は経済学の専門家ではあっても、名誉毀損罪の構成要件については当然ご存知であろうと思います。やむにやまれぬ気持ちで、周囲と相談し私にとって初めての訴訟提起をすることが、どれだけプレッシャーになるのか。去る3月20日記者会見した際の私の代理人、崎岡良一弁護士の冒頭の言葉です。

「橋下徹現大阪市長による前市長平松邦夫氏への批判、揶揄が余りに度が過ぎており、しかも事実に反することで平松氏の名誉を著しく毀損するような言動が繰り返されております。しかもそれを街頭演説等に止まらず、橋下氏が代表を務める大阪維新の会のホームページに動画を掲載し、多くの皆様が閲覧、視聴できる状態におくなど違法な名誉毀損行為を継続しております。

かかる行為は、政治的主張、政治的活動の域を超えた違法な人権侵害であります。逡巡する気持ちを乗り越えてでも提訴に踏み切ったことの事実を知ってもらいたいと思います。」

1
nextpage



underline
アクセスランキング
1時間
24時間
編集部お薦め記事
最新記事