経済の死角

マクドナルド、イオンがハマった落とし穴 「ボリュームゾーン不況」とは何か? 

いま、この国の経済が大きく変わろうとしている

2015年03月09日(月) 週刊現代
週刊現代
upperline
黒田東彦・日銀総裁の「マジック」には限界が見えてきた〔PHOTO〕gettyimages

「売れない国内」「異常な低金利と円安」「実体なき株高」昨日まであんなに売れたモノが、まったく売れない

株価は15年ぶりの高値を更新、2万円も目前だ。一方で、景気が回復したという実感にはほど遠い。経験したことがない、この雰囲気。日本経済に何が起きているのか。

巨大企業が直面する新リスク

JT(日本たばこ産業)が、飲料部門から撤退すると発表したのはこの2月のこと。缶コーヒーの「ルーツ」、清涼飲料水の「桃の天然水」など、数々の先駆的なヒット商品を生み出してきた業界の雄の突然の退場に、社内外のざわつきはいまだ収まらない。

関係者によれば、JTが本格的に撤退を検討し始めたのは昨年末だという。ここ数年、飲料事業が目立ったヒット商品に恵まれず、直近では赤字に陥っていた中で、限られた経営資源を本業であるたばこ事業に振り向けるほうが得策との経営判断が下された形だ。

飲料業界はもともと、年間1000種類ほどの新商品が出る中で、2~3商品だけがヒットする「千三つ」といわれる世界。「そこへきて最近は、売れ筋商品の旬の期間がどんどん短くなり、もう耐えきれなくなっていた」とJT社員は言う。

「たくさんの新商品を同時並行的に開発しなければならないし、それぞれの新商品にはそれなりの宣伝費用をかける必要もある。そうしてヒトとカネを大量投下しても、ヒット商品はあっという間に消費者に飽きられてしまう。サントリーやアサヒなどの巨大ライバル企業とこうした戦いを続けていくには、体力が持たない。

幸い飲料事業はまだ小幅の赤字で済んでいた。手がつけられないほど消耗する前に撤退するという経営陣の今回の判断には、社内から『英断だ』という声すら上がっています」

1
nextpage


最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
編集部お薦め記事
最新記事