歳川隆雄「ニュースの深層」
カテゴリーアイコン

施政方針演説では先人の名言を4つも引用。
安倍首相は「前と違って」こんなに本を読んでいる

2015年02月14日(土) 歳川 隆雄
upperline
施政方針演説の原稿には4人の先達の名言が並んでいた           photo Getty Images

安倍晋三首相は2月12日、第189回国会の総理大臣施政方針演説で岩倉具視、岡倉天心、吉田松陰、吉田茂4人の先達の言葉を引用した。

安倍首相本人が4人の先達の引用を決めたのか?

先ず、岩倉具視。施政方針演説を引用する(以下、同じ)。

「明治国家の礎を築いた岩倉具視は、近代化が進んだ欧州列強の姿を目の当たりにした後、このように述べています。『日本は小さな国かもしれないが、国民みんなが心を一つにして、国力を盛んにするならば、世界で活躍する国になることも決して困難ではない』―明治の人に出来て、今の日本人に出来ない訳はありません」

次は、岡倉天心。

「『変化こそ唯一の永遠である』―明治時代、日本画の伝統に新風を持ち込み、改革に挑んだ岡倉天心の言葉です。伝統の名の下に、変化を恐れてはなりません。農業は、日本の美しい故郷を守ってきた、『国の基』であります。だからこそ、今、『変化』を起こさねばならない」

3人目は、安倍首相の地元・選挙区=長州の吉田松陰。

「『知と行は二つにして一つ』―何よりも実践を重んじ、明治維新の原動力となる志士たちを育てた、吉田松陰先生の言葉であります。成長戦略の実行。大胆な規制改革によって、生産性を押し上げ、国際競争力を高めていく。オープンな世界に踏み出し、世界の成長力を取り込んでいく。為すべきことは明らかです」

そして最後が、吉田茂元首相である。「『日本国民よ、自信を持て』―戦後復興の礎を築いた吉田茂元総理の言葉です。昭和の日本人に出来て、今の日本人に出来ない訳はありません。私は、この議場にいる全ての国会議員の皆さんに、再度、呼びかけたいと思います。全ては国民のため、党派の違いを超えて、選挙制度、定数削減を実現させようではありませんか。憲法改正に向けた国民的な議論を深めていこうではありませんか」

これらの言葉を読んだ国民の多くは、果たしてスピーチライターは安倍首相自身の指示によって件の引用を施政方針演説に盛り込んだのだろうか、と疑問を覚えたのではないか。

1
nextpage



underline
アクセスランキング
1時間
24時間
編集部お薦め記事
最新記事