3年で富士山 は噴火する そのときに備えたほうがいい

2012年09月01日(土) 週刊現代

週刊現代経済の死角

upperline

 さらに、鉄道も動かなくなる。首都圏に張り巡らされた複雑な鉄道網は、火山灰によって大きな被害を受ける。鉄道ジャーナリストの梅原淳氏が説明する。

「降灰によって視界不良が続けば、列車の運行を見合わせなければならないこともあるでしょう。降灰量が多ければ、火山灰が線路に積もって固まり、電車を走らせることができなくなるかもしれません。

 さらに心配なのが地下鉄です。地下鉄は吸排気口を通じて外部からの空気を取り込みますが、構内にも火山灰が入ってきた場合、電車が動かなくなることが考えられる。灰の除去も含めたその後の処置をどう行うのか、ほとんど対策が練られていない状態です」

 交通インフラの麻痺に続いて、生活インフラの麻痺が起こる。多量の火山灰が水源地に降り注いだ場合、給水ができなくなる可能性があるのだ。内閣府は、最悪の場合、火山灰によって約190万~230万人が水道を利用できない状態が発生する、と想定している。

 外出はできない。交通網は麻痺。そして水道は使えない—。降灰が始まれば、日常生活を送ることはほぼ不可能になる。首都圏のインフラは火山灰に対してあまりに脆弱なのだ。

 では、火山灰によって具体的にどれぐらいの損害が生じるのか。内閣府は'04年に、富士山噴火の降灰による被害の総額を約2兆5000億円と推計している。これだけでも驚異的な数字だが、この推計はかなり甘いもの、と言わざるを得ない。東京大学名誉教授の荒牧重雄氏が話す。

「この推計値は'04年に作られたものですが、当時は時間的にも予算的にも制約が多く、精緻な予測ができたとは言いがたい。たとえば観光産業への風評被害がどの程度になるのかなど、手がつけられなかった課題も少なくないのです。さらに時間と予算をかけて、より詳しいシミュレーションを行う必要があります」

大停電も起こる

 荒牧氏は特に、電子機器への影響がどの程度及ぶのかがあまり検討されていないことを明かすが、火山灰によって電子機器はどのような影響を受けるのか。前出・津久井教授が説明する。

「まず、火山灰は小さいもので数(マイクロメートル)単位のものがありますから、窓や扉を閉めていても、室内に入ってくることを完全には防げません。そして、パソコンなどの電子機器は静電気を帯びているので、室内に入ってきた灰を吸い寄せてしまうのです」

 灰を内部に取り込んだ電子機器は、故障や動作不良を起こしてしまう。家庭内や勤め先にある電子機器が一斉に故障することも考えられるのだ。

 さらに、降灰によって通信網にも被害が及ぶ可能性を、前出の高橋教授が指摘する。

次ページ 「火山灰が降っても、携帯電話は…
前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事