「世界初ソーシャルマガジン」アプリケーションのFlipboardが生み出す3つの変化とは?

 先週、iPadアプリケーションの可能性を再定義するほど衝撃的なサービスが登場しました。世界初の「ソーシャルマガジン」と自称するアプリケーションの名前は「Flipboard」。

  シリコンバレーのベテラン起業家のJohn McCue氏(Tell Me社を創業し、マイクロソフト社に800億円で同社を売却した経歴をもつ)がアイデアを着想し、共同創業者にはApple社で iPhoneのシニアエンジニアとして働いていたEvan Doll氏が参加。

 そして強力なチームにはお金も集まることを証明するかのように、FlipboardはKleiner PerkinsからシリーズAラウンドで約10.5億円の出資を受け、個人単位ではTwitter創業者のJack Dorsey氏やFacebook共同創業者のDustin Moscovitz氏からも出資を受けています。

  その話題性のあるメンバーによって当初から多くの注目を浴びていたFlipboardですが、先週リリースされた肝心のアプリは、世界中の予想値を軽く超えて見せました。

「これはソーシャルメディアの新たな波、そして雑誌という概念を変革するだろう。ついにiPadの良さを最大化するアプリケーションが登場したね」、Kleiner PerkinsのJohn Doer氏はそう語っています。

  本日は注目が高まるiPadアプリケーションのFlipboardが生み出した『3つの変化』についてお伝えしたいと思います。

1. ソーシャルメディアとの出会い方を変えた

「何故大多数のTwitterクライアント(Hootsuite,Seesmic等々)は、情報が上から下に流れるストリーム形式に固執するのだろう?」

 創業者のMcCue氏はソーシャルメディアで流れる情報の表示方法に強い問題意識を覚えたそうです。一様なタイムラインを追うつまらなさ、リンク先の記事内容が140文字では伝わり切らないもどかしさ、そういった数々の問題に対してFlipboardは『インターフェース』の原点に戻ることを決意しました。

「Flipboardを通して、ソーシャルメディアとユーザーとの関わり方、そのエクスペリエンスをより美しくしたかったんだ」、そうMcCue氏は語っています。同アプリは無料、そして使い方も非常にシンプル。

 FlipboardはTwitterやFacebookで友達が共有したステータスやURLを雑誌スタイルで見やすく表示し、ユーザーはページをめくるようにiPadを「フリップ(めくって)」して、タッチ操作で情報と出会えるのです。

 ソーシャルメディア上で共有された写真や動画をダイナミックに見せることで生まれた綺麗で直感的なインターフェースは、ユーザーにとっては新感覚ですし、iPadとの相性も抜群です。