呼びかけるだけで全世界で「オフ会」が開催できる「Meetup Everywhere」

 「オフ会」という言葉はどこかで聞いたことがあるかと思います。インターネット上で知り合った仲間や、同じコミュニティに属している人とオフラインで会う行為を指します。

  英語圏では「オフ会」に近いものとして、「Meetup」という言葉が使われています。一般的に「Meetup」は「オフ会」よりもカジュアル・少人数・突発的で、カフェなどで行われる場合が多いようです。

  今回紹介する「Meetup Everywhere」は、そんなMeetupを世界中で開催することができるサービスです。

呼びかけるだけで900以上のMeetupが全世界で開催

 Meetup Everywhereは、呼びかけることから始まります。例えば「村上春樹の"海辺のカフカ"が好きな世界中の皆さん、作品について語り合うMeetupを開いてください!」という形です。

  一般的なMeetupは「開きます、来てください」という形式ですが、Meetup Everywhereは「皆さん自分の手で開いてください」という形を取る点が特徴的です。

  マーケティングの権威であるセス・ゴーディンは、ベストセラーの自著「Linchpin(代替不可能な人材)」に関するMeetupを呼びかけ、現在までに922のMeetupが彼のファンによって開催されています。

 Meetupにはセス・ゴーディン本人が顔を出すことはありません。純粋なファンの集いが世界中で行われているのです。

  驚くべきはその開催地です。アメリカ、フランス、イギリスなどの国はもちろん、タンザニア、南アフリカ、エジプト、ペルー、コスタリカ、などの欧米以外でも開催されています。未邦訳にも関わらず、すでに日本でも数回のMeetupが行われました。

  ニュースサイトのMashableが読者に対して呼びかけたMeetupも、これまでに700回以上開催され、1万2千人以上が参加しています。こちらも開催地はアフリカからアジアに至るまで、多国に渡っています。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら