upperline
英大手モバイル通信ブランド「オレンジ」による「ドゥー・サム・グッド」プロジェクトのホームページ

 約一年前の2010年7月14日、「通勤電車の中で社会貢献ができる「マイクロ・ボランティアリズム」という潮流」というタイトルで記事を書かせて頂きました。

 5分、10分という細切れの時間を、インターネットやスマートフォンを活用することで多くの人の参加が可能となる、新しいボランティアの形態に関するレポートでした。

 記事の中でご紹介したサンフランシスコに拠点を持つエクストラオーディナリーズ社(現在はサイトの名称を「Sparked」に変更)は、その後も成長を続け、今では約3,000のNPOと30万人以上のボランティアをつなぐマイクロ・ボランティア・プラットフォームとして広く活用されています。

 世界での携帯電話、スマートフォンの普及がますます進み、社会的課題も増加、多様化する中で、イギリスでこの春、大手携帯電話会社が本格的なマイクロ・ボランティア・プロジェクトをスタートさせました。大企業の本格参入とう点において非常に興味深い事例でもあり、その背景、概要について簡単にレポートしたいと思います。

英大手モバイル通信ブランド「オレンジ」による「ドゥー・サム・グッド(Do Some Good)」プロジェクトとは?

 「オレンジ」とは、フランステレコムの子会社で、英国内ではシェア第3位、1700万人を超えるユーザーを持つ、大手モバイル・ブランドです(2010年5月、シェア4位のT-Mobile UKとの合併によりイギリス最大の持ち株会社「Everything Everywhere」が生まれたものの、ブランドとしては現在もそのまま運営)。

次ページ  オレンジUKの取り組みとして…
1 2 3 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事