永田町ディープスロート

田中秀征×田崎史郎 「愚かな菅直人、不気味な小沢――それにしても幼稚な民主党よ」

この大政局をズバリ読み切る

2010年07月28日(水) 週刊現代
週刊現代
upperline

田崎 今回の参院選で民主党が突きつけられた、改選議席54に対し獲得議席44という結果は大惨敗といっていい数字です。

たざき・しろう 1950年生まれ。時事通信解説委員。著書に『政治家失格 なぜ日本の政治はダメなのか』などがある

 逆に自民党は13議席増やして51議席を獲得しましたが、これは自民党が勝ったというより、民主党が一方的に負けた選挙といえます。まさに昨年夏の衆院総選挙と正反対の結果です。

田中 自民党の勝利は民主党への鉄槌ですよ。自民党の支持団体が息を吹き返したりしたわけではないと思いますが、1人区の地方を中心に、自民党には人材が多く、そこでの圧勝が今回の結果につながっている。

田崎 1人区の全29選挙区で、自民党は21勝8敗。前回'07年は民主系の23勝6敗ですから、ここでも正反対の結果が出ました。

やり方がズルすぎる

田中 原因は民主党が危機感を持てば持つほど、労組を中心とした組織固めをやり、労組側も民主党にすがりつこうと必死になったことへの反発でしょう。

 その最たるものが、自民党やみんなの党の公務員制度改革や人員削減方針を恐れた公務員組合です。

たなか・しゅうせい 1940年生まれ。元経企庁長官。菅氏とは35年以上の付き合いで菅氏に政界入りを勧めた人物でもある

 県庁や市役所で役人たちがこぞって民主党支持に動けば、民間の組織が反発するのは当然です。

 政権政党というのは国民全体を代表する党ですから、その中であまりに特定の団体が力を誇示すると、他の団体の票が逃げてしまう。民主党にはそれがわかっていなかった。

田崎 そういわれると確かに頷ける点がありますね。

 私が思うに、今回の敗北は菅政権の責任ではなく、民主党政権そのものの責任でしょう。菅さんの消費税発言が敗因になったという分析も多くありますが、消費税増税を打ち出した直後は賛否が拮抗した感じでしたから。

 ただその後、年収によっては全額還付する案などを口にしたり、今度は逆に引っ込めたりしたことで、「中身があやふやなまま話しているな」と受け取られた。そういう政権の体質が見透かされたのだと思います。

次ページ 田中 いや、民主党そのものの責…
1 2 3 4 5 6 7 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事