血みどろ党内抗争へ 「菅退陣」小沢の考え
こりゃアカン! 民主政権哀れな末路
「菅直人はすでに死んでいる」

週刊現代 プロフィール

 まるで去年の夏を見ているかのようだった。違うのは、惨敗したのが自民党ではなく民主党だということ。「死に体」に陥った菅政権を見て、一度は「死んだ」はずのあの男が再び動き出す。真夏の政変、生き残るのは誰か。

 この歴史的大敗は、民主党のみならず、政界全体のメルトダウンのきっかけとなるだろう。

 「44議席」という、信じがたい惨敗を目の当たりにし、民主党の議員たちは例外なく動揺し、ある者は言葉を失い、ある者は菅直人首相ら党幹部に対しキレていた。

「これほどの惨敗を喫しておきながら、誰も責任を取らないという理屈があるか。せっかく民主党の支持率がV字回復していたのに、消費税の話なんて持ち出せば、負けるのは当たり前だ。菅総理は、何を考えてあんなことを口走ったのか。枝野幸男幹事長は、なぜ責任を取ろうとしないのか」
(民主党・斎藤勁代議士)

 菅首相は参院選前、目標を現有議席と同数の「54議席」としていた。しかし、7月11日の参院選の結果は、その目標を10議席も下回る悪夢のような大敗。これで民主党は、国会で1本の法案も通すことができなくなった。

 社民党と決別して衆院での勢力が3分の2に満たなくなっている以上、参院で法案が否決されれば、それで終わり。ただでさえ難航が予想される予算案の審議すら覚束なくなり、政権は完全に「死に体」に陥ったのである。

 民主党内では、菅・枝野執行部に対する怨嗟の声が渦巻く。火に油を注いでいるのは、いちはやく続投を表明した菅首相の態度だ。投開票日の11日、すでに惨敗が明らかになりつつあった中、首相は選挙区の長野にいた北沢俊美防衛相に電話をかけ、こう明言した。

「私は首相を辞めませんから」

 この日、首相は自宅のある東京・武蔵野市で投票を済ませ、伸子夫人らと鉄板焼きで昼食を摂った後は、公邸に籠った。そこで仙谷由人官房長官や側近議員らと選挙情勢の検討を行ったが、結論は出ていた。

「どのような結果が出ようと、現体制を維持する」
  というものだ。

 実は、選挙の最高責任者である枝野幸男幹事長は、事前に自党の大苦戦が予想されたことから、「自分がやはり責任を取ることになるのか」と、思い悩んでいた。

「投開票日が近づくにつれ、口数がめっきり少なくなっていました。表情は暗く、最悪の事態に陥った場合は、クビを差し出さざるを得なくなると覚悟をしていたようでした」
(民主党若手議員)

 だが、辞任すべきかどうかで苦悩する枝野氏を押し止めたのは、菅首相と仙谷官房長官だった。

「やっぱりただの頭でっかち」と批判されても返す言葉なし

枝野 40議席台で惨敗するようだと、私や安住(淳)選対委員長が辞めなければ、党内の反対派を抑えられなくなるでしょう。

仙谷 辞任は早計だ。幹事長が辞めれば、結局は菅総理の責任ということになる。ドミノ倒しが起きる。

 ただし、選挙で大敗を喫すれば、枝野氏を蛇蝎の如く憎悪している、党内の小沢一派の追及が激化する。小沢グループは、ボスが失脚して以来、現執行部が失策を犯すのを手ぐすね引いて待ち構えているのだ。枝野幹事長で惨敗となれば、世紀の無能幹事長として、血祭りに上げられるハメに陥るだろう。

 そこで菅首相らは、選挙前から敗戦を見越し、「予防線」を張ることにした。その象徴的なものが、選挙前日に発表された「民主党声明」である。

〈 (民主党がまだ、国民の)ご期待に十分応えられていないこと、そして、政治とカネ、普天間基地問題、税制改革の道筋で、混乱と不信を招いたことを率直にお詫びします 〉

 政治とカネ、普天間の問題は、鳩山由紀夫前首相と小沢一郎前幹事長の負の遺産だ。つまり、「参院選敗北は前任者たちに大きな責任がある」と仄めかし、責任転嫁を図ったわけだ。

「菅は権力欲、保身だけの男」

 それだけではない。開票が始まり敗色が濃厚になった11日には、菅首相側近が、公然と執行部の批判を始めた小沢一派の動きを封印しようと、「3点セットの小沢氏への反論ペーパー」を用意している。

「その内容は、選挙の敗因について(1)小沢・鳩山の政治とカネの問題があった。(2)2人区で2人の候補を擁立した小沢氏の戦略はことごとく失敗した。(3)選挙期間中にもかかわらず、小沢氏が消費税問題等で菅首相を批判したことが混乱を招いた・・・というもの。もし、鳩山・小沢体制のままで参院選に突入していたら、30議席台も考えられた。だから44議席なら、十分に健闘したというのです」
(民主党中堅代議士)

 開票が進む中、午後9時前に民主党の開票センターが置かれたホテルニューオータニに到着した菅首相は、そのまま3時間以上も姿を現さなかった。他党の党首・代表らは午後10時過ぎからテレビ出演していたが、首相がようやく姿を現したのは午前0時30分。

「ここでも、枝野幹事長は弱気になっていて、辞任するかどうかという話になったそうですが、やはり菅首相と仙谷長官が『早まるな』と、枝野氏を説得したといいます」(同)

 こうして首相はいかなる批判を浴びようと「強行突破」することを決意。未明に始まった会見では、

「選挙結果は真摯に受け止めるが、あらためてスタートラインに立った気持ちで頑張りたい」

 として、公式の場であらためて「続投」を表明したのだった。

 しかし、この会見が、選挙で苦杯を舐めさせられた民主党議員ら、中でも、特に苦戦を強いられた小沢系議員の感情を、より逆なでしたのは言うまでもない。

「すいませんとか、申し訳ないとか言うならまだしも、『新しいスタート』とか、枝野氏を含めて全員続投だとか、落選した千葉景子法相まで続投とか、これはもう血迷っているとしか言いようがない。われわれを舐めるにもほどがあります。会見には、首相の本性が出ていたと思う。『権力を手放したくない』という感情しか見えない。

 あの人は、国民のことを思って・・・などと考えてはいない。ひたすら、レベルの低い個人の権力欲、保身だけが露になっている。見ていて非常に不快でした」
(小沢グループ若手議員)

 会見終了後、首相は報道陣の問いには完黙したまま、公邸へと帰った。同じく、ふだんは多弁かつ能弁で知られる枝野氏も無言。どういうわけか、いつもは着けないメガネをかけ、記者らと視線を合わせないようにして専用車に乗り込むと、開票センターを後にした。

 翌12日、枝野氏は定例記者会見で、「辞めたくても辞められない」という、自身が置かれた苦しい立場について、生気を失った表情を浮かべながら、綿々とこう話している。

「(惨敗の責任について)私個人としては、さまざまな思いがある。また、いろいろなところから意見が上がっていることも承知している。しかしその上で、総理から『しっかりと改革を実らせるため、職務を全うしてほしい』という強い指示があった。個人的な思いは、個人的な思いだ」

 民主党の「黄門様」こと、渡部恒三元衆院副議長は、菅・仙谷・枝野トリオを、こう庇っている。

「勝負には、絶対というものはない。むしろ、負けたときこそ一致協力していかなければならない。ここで、誰の責任だ、誰が辞めるんだと言い出せば、党が潰れてしまう。党内抗争なんか始めれば、ますます国民に笑われてしまう。いまこそ一致結束が必要なんだ」

 だが、6月の鳩山「抱きつき心中事件」以来生じた、党内の亀裂は大きく深い。死に体に陥った菅政権を見て、あざ笑っているのが小沢系のグループだ。小沢グループ中堅の代議士の一人はこう話す。

「やっぱり弁護士上がりのヤツ(仙谷・枝野両氏)はダメだな。選挙結果より、法律のほうが重いと思っているんだろう。法律に違反してさえいなければ、民意を無視して居座ろうが何をしようが構わないと考えている。市民派上がり(菅首相のこと)も、自らが獲った位を自分で捨て去るようなことはしない。しがみつきたいんだよ、地位に」

 別の小沢派若手議員も、菅政権の命運をこう「予言」してみせる。

「菅首相はピンチに陥り、少ない味方を集めて密集隊形を作り、敵陣を一点突破しようというんでしょう。でも、(300人のスパルタ軍が100万のペルシャ軍に抵抗した姿を描く)『300(スリーハンドレッド)』という映画と同じですよ。最後は全滅するんです(笑)」

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら