経済の死角

「大量被曝者は100人を超えている!」
4000ミリシーベルトの地獄

2011年06月17日(金) フライデー
friday
upperline
東電の勝俣会長は、本誌カメラマンを一瞥。酒席の後だったのか、左手に持った高級中華料理店の紙袋で顔を隠すようにしながら自宅の中へ入った〔PHOTO〕船元康子

 東電社員2人の250ミリシーベルト以上の被曝が明らかになったが、実態はそんなものではない!福島第一で働いた7800人のうち6000人の内部被曝量を「把握できていない」と東電も認めた

 東京電力(以下、東電)が衝撃の事実を公表したのは、6月3日のことである。

 3月11日~15日の間、3、4号機の原子炉建屋や中央制御室などで作業をしていた東電の男性社員2人が、福島第一原発の事故の緊急作業で国が定めた被曝限度量の250ミリシーベルトを超える放射線を浴びていたことが明らかになったのだ。

 調査をした放射線医学総合研究所(千葉県)によると、2人の推定被曝量は内部と外部を合わせると、最大で650ミリシーベルトにも及ぶという。東電の松本純一原子力・立地本部長代理は「2人以外にも250ミリシーベルトを超えた作業員がいる可能性がある」と認めたが、彼らと同じ期間に同じ場所で仕事をしていた作業員は約130人もいるのだ。原発の労災に詳しい、関西労働者安全センターの片岡明彦事務局次長が呆れる。

厚労省が昨年作成した、労災が認められた原発作業員の被曝量。10人中9人が100ミリシーベルト以下で発症している

「マスクの装着を徹底していなかったなど、内部被曝に対する対策が不十分だったと思います。厚生労働省の資料によると1976年以降、白血病や多発性骨髄腫にかかり労災が認められた原発作業員は10人いますが、そのうち9人の被曝量が100ミリシーベルト以下(右表)、おおむね70ミリシーベルトほどです。

 250ミリシーベルトという被曝量が、どれほど危険な数字か分かるでしょう。3月15日に引き上げた被曝限度量を、国は100ミリシーベルトに戻すべきです」

 これほど凄まじい放射線を浴びる現場にもかかわらず、東電の作業員への被曝対策は杜撰(ずさん)極まりない。現在、福島第一で働いている東電の協力会社の社員・中山秀幸氏(仮名、40代)が明かす。

次ページ 「元請け(親会社)や東電からは…
1 2 3 4 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ