購入決断の時 9月30日のエコカー補助金終了まであと3ヵ月
25万円、10万円はいつもらえなくなる?

 昨年6月19日の補助金申請受付け開始から1年が経過し補助金終了の9月30日まで、残り3ヵ月(実質2ヵ月ちょっと)。クルマを買うのは今しかない!

購入補助金は自家用分が残り約2776億円 9月30日までに、はたしてもつのか?

 やっぱり一番気になるのは、9月30日まで、エコカー補助金がもつのかということ。

 エコカー補助金の予算は、今年3月31日までの第一次補正予算が総額3700億円、そのうち自家用が3570億円。4月からの半年分の第二次補正予算が総額2608億円、そのうち自家用が2304億円だ。よって自家用分は総額5874億円となる。

 事業用の第一次補正予算は130億円で、昨年12月10日に打ち切ってしまった。再開された第二次補正予算の304億円も6月16日時点ですでに227億円の交付が予定されており、残りは77億円。

 いっぽう、自家用は3月31日までの予算3570億円だったが、今年4月5日の時点でも補助金交付決定件数は2864億円と706億円も予算が余っているという状態だった。

 さて、6月16日時点での補助金交付決定件数は第一次、第二次の補正予算総額5874億円のうち、3587億円だから、残りの予算は約2276億円。

 交付決定金額から交付決定件数280万2099台を割ると1台あたり12.8万円。それを残りの予算、2276億円を割ると残りの対象台数は約177万4000台あまりとなる。

 このままいくと、補助金が9月30日までもつのか、補助金を交付する次世代自動車振興センターに話を聞いてみた。

 「事業用の補助金はつきてしまうと思いますが、自家用は、毎月30万台ペースにコンスタントに増えているものの、このままのペースでいけば、9月30日までに補助金がなくなるということはないと予測しています」とのことだったが、それはあくまでも仮定の話。補助金終了前の駆け込み需要で販売台数が急増するとどうなるかわからない。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら