緊急警告!日本をなめたロシアが発する「挑発的シグナル」

対日姿勢の変更を外務省の壊れたアンテナは見落としている

 菅直人政権が成立した後、ロシアから危険なシグナルがいくつか発せられている。

 第一が、「対日戦勝記念日」法案の採択だ。1945年9月2日、東京湾に停泊していた米戦艦ミズーリ号の艦上で、日本政府代表団が連合国に対する降伏文書に調印した。国際法的に日本と連合国の戦争はこの日に終結した。

 ロシアでは、以前からこの翌日の9月3日を「軍国主義日本に対する勝利の日」として祝日にしよう動きが反日勢力によって企てられていた。

 今回、日付を一日ずらし、祝日の名称を「第二次世界大戦終結の日」と変更した上で、7月7日に国家院(下院)において、7月14日に連邦院(上院)において、この法案が採択された。

 そして、上院が法案を採択してから19日以内にメドべージェフ大統領が署名し、この法律が発効する。

これまでロシア外務省は、対日関係に与える悪影響を懸念して、「対日戦勝記念日」法案に反対する姿勢を示していた。 

 しかし、今回、ロシア外務省はこの法案の採択を本気で止めようとしなかった。恐らく今後、ロシア外務省はモスクワの日本大使館員に対して次のような説明をすることになると思う。

「私たちは最大限の配慮をしました。サハリン州が主張する9月3日ではなく、2日を記念日としました。9月2日の降伏文書はソ連政府に対しても宛てられていますし、ソ連代表団も署名しています。

 それに、『軍国主義日本に対する勝利の日』という日本を刺激するような名称も避けました。1945年4月2日に第二次世界大戦が国際法的に終結したのは事実です。それですから、この事実を指摘した記念日に対して、日本が過剰な反応をしないことを望みます」

 このようなロシア人の口車に乗せられてはならない。1945年8月9日、ソ連は当時有効だった日ソ中立条約を侵犯して日本に戦争を仕掛けたのである。あの戦争において、日本は侵略された側である。

 ソ連崩壊後、エリツィン政権、プーチン政権はこの事実を認めた上で北方領土交渉を行っていた。ある種の「後ろめたさ」があるから、反日勢力による「対日戦勝記念日」制定の動きをロシアの大統領府と外務省が抑えてきた。

 しかし、今回、ロシアは明らかに対日姿勢を変更した。

 その直接の引き金となった理由は、対露関係改善に熱心であった鳩山由紀夫総理が退陣し、菅政権が成立したからだ。カナダを訪問した菅総理は、6月26日昼(日本時間27日未明)、主要国(G8)首脳会議(ムスコカ・サミット)の会場内で、ロシアのメドベージェフ大統領と会談した。

 この会談の結果を踏まえ、ロシアは菅政権に対して、冷淡な姿勢を採り、日本側の反応を見ることに決めたのである。

 さらにロシア側は挑発的な第二のシグナルを日本に対して発してきた。日本の外交官がロシア語を十分に理解できないと見ているせいであろうか、最近、ロシア政府は日本の政治エリートに伝えたいシグナルをわざわざ日本語に翻訳して流してくる。