雑誌
中国、韓国の驚異!! 日本の自動車メーカーが買われちゃう可能性

 世界一の自動車消費国になった中国。自動車の技術力で日本や欧米に迫る韓国。リコール問題などで世界での評判を落としている日本車を飲み込みそうな勢いだ!

日本企業を買い漁る中国パワーのターゲットは!?

 今年はじめ、日本の自動車工業会にあたる中国汽車工業協会は、2009年の中国の自動車販売が1360万台に達したと発表した。前年比46.2%アップの急増。

 リーマンショックを引きずっているアメリカの自動車販売が、過去27年間で最低水準の1040万台となり、中国がアメリカを抜いて世界一の自動車消費国になった瞬間である。今年も、伸び率こそ鈍化するものの、1500万台から1600万台と予想されている。

 かつて中国は、安い人件費と人口13億人の豊富な労働力で「世界の工場」といわれた。自動車のみならず、電機メーカーなど世界の大企業がこぞって中国に生産拠点を求めた。

 もっとも、中国への進出はリスクも覚悟しなければならない。自動車の場合、中国政府の指導により現地企業との合弁が必須。しかも、その政策がよく変わる。常に臨機応変の対応が要求される国でもある。

 その後、中国の経済成長で13億人の人口が消費者になり「世界一の市場」に変貌を遂げたわけだが、いっぽうで人件費が高騰し生産効率が低下するにつれ、より人件費の安い東南アジアやアフリカに生産拠点を移す企業も現われている。

上海万博のマスコットと未来館。日本が東京オリンピック、大阪万博で国力を高めていったように中国も急成長している

 そこで中国のとる政策は自国の産業活性化なのだ。経済評論家の平野和之氏に聞いた。

「どの国も自国の産業育成は重要テーマですが、中国は人件費が年率2~3割高騰し、製造コストの競争力を失っています。そのため日本同様、付加価値の高い技術、産業を育成していかなければならないのです。

 中国の技術力は急速に進歩していますが、まだまだ日本には及ばない。自動車にかぎらず、日本のモノづくりには中国は目をつけています。注目しているのが部品メーカーでしょう」

 日本を代表する自動車金型メーカーであるオギハラの館林工場が、中国のBYDオートに買収されたニュースは本誌でも伝えたが、まだまだ序の口。これからも買収劇は続きそうだ。

 平野氏によると、金型のほか電装部品、モーターやIC関連が狙われる。将来のハイブリッド、電気自動車(EV)化を見込んでのことである。また、エアバッグやセンサーなど安全技術も今後の部品産業の成長分野である。

「日本の部品メーカーは優秀な技術を持っています。日本の銀行の融資が低収益でも我慢強く融資を続けてきたおかげで、世界で通用する部品メーカーが育ってきましたが、今の経済状況では融資も難しくなっています。優秀な部品メーカーの海外流出が加速するかもしれませんね」

 まさに正念場だ。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら