田原総一朗のニッポン大改革

長谷川幸洋・東京新聞論説委員 インタビュー vol.1「民主党政権は国民をなめていた」

2010年07月20日(火) 田原 総一朗
upperline

田原 今回の参議院選挙の結果は、長谷川さんの予想とどれくらい違いました?

長谷川 いや、(民主党が)これほど負けるとは思わなかったですね。もうちょっと行くんじゃないかと思いました。まあ、みんなの党はだいたいこんなものだとは思っていましたが。

田原 投票日前週の木曜、金曜あたりの新聞各紙を見てね、47議席くらいかと思ったんですけど、さらに落ちましたね。これはなんでしょうね。

長谷川 まあ、菅政権ができてからずっと支持率落ちてますし、あの予想はたぶん2日前、3日前のデータだから、投票日までにもう一段下がるのはまあ自然だなと。

田原 そうですか。僕はまたね、木曜、金曜日各紙がきつく叩いたので反動的にちょっと上がるかもしれないと思ってました。

長谷川 まあ、上がる要素がほとんどなかったですね。それで最後に消費税のお詫び広告を新聞に出したでしょう、あれでいよいよこけたなと。

田原 あれが大きかったですか。最初、僕は、(民主党が)54取れるかどうかから、50台に上がるかどうかあたりだったんですが、長谷川さんはどう見てらっしゃいました?

長谷川 まあ、50そこそこ、おそらく割るんじゃないかなというくらい。でもこれほど負けるとは思わなかったです。

田原 菅政権ができて、最初(支持率)は朝日新聞が60%、読売新聞が64%でしたかね。NHKが61%ですか。それがじわじわ落ちて、その次につるべ落としのように下がった。これはどう見てらっしゃいますか?

長谷川 まあ、それまでの政権の実績がよくなかったということに加えて消費税問題で、まあ10%以上値引きされていったという気がしますね。

違和感があった経団連会長の発言

田原 その消費税についてはね、新聞でいえば朝日、毎日、読売、日経、産経、東京新聞も含めて賛成でしたね。

長谷川 東京新聞は反対なんですよ。ぼくが社説を書いてますから。

次ページ 田原 長谷川さんは消費税の引き…
1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ