仏代表シセ「本田、アイツはオレよりモテるな!」
W杯惨敗後、東京バカンス中の怪物FWを独占直撃!
ジブリル・シセは、フランス・アルル出身のFW。W杯は'02年日韓大会に続いて2度目の出場である
〔PHOTO〕斉藤 浩(以下同)

「それにしても日本代表はがんばったよ。世界のトップレベルへの道を順調に進んでいるんじゃないか。パラグアイには負けてしまったけど、PK戦という結果だから悲観することはない。若い選手も多いし、これからが楽しみだ。なかでも、ホンダはよく2点も取ったよ。でも驚くべきことじゃないのかもね。

 彼はCL(チャンピオンズリーグ)で実績をあげているんだから。あんな活躍したら、モテるんだろうな。ん、オレとどっちがモテるかって? そりゃアイツだろ(笑)。見た目がカッコイイもんな」

 W杯の公式球『ジャブラニ』を片手に、日本代表と本田圭佑(24)にエールを送るのは、フランス代表の大物ストライカー、ジブリル・シセ(28)だ。リヴァプール(イングランド)、マルセイユ(フランス)などの強豪チームを渡り歩き、昨季からはギリシャのパナシナイコスに所属。リーグ得点王にも輝いた。

 その迫力あるプレーはもちろん、斬新な髪型や全身にクールなタトゥーを入れたイカついルックスで、付いたアダ名は"怪物"だ。

 そんな彼が、7月某日、なぜだか、東京・渋谷にあるフランス料理店『レストラン アイ』に現れた。

「ここのオーナーシェフ(松嶋啓介氏)が友達なんだ。来日は3回目。日本は食事ももちろん、有名なファッションブランドが多くて好きだな。今日は、原宿のラフォーレや『BEAMS』を回ってきたんだ。そのせいか、ホテルで寝ちゃって、待ち合わせにだいぶ遅れたよ。そういえば、このTシャツも『BEAMS』のものなんだ」