upperline

vol.1 「山形県酒田市光丘文庫へ。 大川周明の資料に目を引かれた」はこちらをご覧ください。

 酒田からほぼ真北に、十七キロほど進んだところ、月光川が日本海へと注ぐ河口のすぐ近くに、羽越本線の吹浦駅がある。

 その日は晴れていて、雪を頂く鳥海山の稜線が絵のようにくっきりと見えた。

 吹浦駅から車で五分ほど走ったところに、かつて西山農場と呼ばれた、開拓コロニーがあった。

 昭和二十一年十月から、二十四年八月十五日に没するまで、石原莞爾は西山農場で暮らしている。

 参謀本部を追われて以来、東條英機に代表される陸軍主流派を批判し続けた石原は、昭和十六年に京都の第十六師団の師団長を最後に退役を強いられた。立命館大学の教授に就任する事になったが、この話も軍部の圧力により潰れ、以後終戦まで、故郷鶴岡の市内、近郊を転々として暮らした。

石原の墓鳥海山の麓、山形県飽海郡遊佐町にある。現在も石原を偲ぶ人たちが花を手向ける

 と云っても、けして石原は隠遁していたわけではない。東亜連盟の指導者として、東條らの戦略を批判し、対米戦争後の世界秩序を、そして新しい社会と文明を望見していたのである。

 終戦後、東久邇宮稔彦王から、閣僚として招かれたが、主に健康の問題により辞退した。

 その代わりに、石原がその生命の最後の雫を注いだのが、西山農場だったのである。西山農場で石原は、世界最終戦争後の人類文明の姿を具現化しようとしたのだった。原爆の登場により、石原は最早「戦争」は出来ないと考え、戦争なき時代の文明を探求したのである。

 その試みを現実のものとしたのが桐谷誠という人物である。

 誠の父、桐谷誠一は千葉の出身だったが、鶴岡でバス会社を興し、成功者の列に加わった。

 息子の誠は、一橋大学を卒業し、理研に勤務した後に、軍に入った。

 敗戦後、帰省した誠は石原に出会って強い人格的影響を受けた。「都市解体、農工一体、簡素生活」という石原の理想を実現させるため、吹浦から酒田、鶴岡に至るバスの路線を売り払い、約百五十町歩の台地を提供したのである。

若き大山倍達も農場で働いていた

 桐谷誠の未亡人敏子さんに、案内をしていただいた。敏子さんは、石原が兄事していた農業の専門家、池本喜三夫の姪で、石原の媒酌により桐谷誠の妻となったのである。

次ページ  お目にかかった時、敏子さんは…
1 2 3 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事