雑誌
気付いてないのは本人だけ!?
クサ〜イ!疲労臭にご用心!

 口、足、頭などニオイ対策には気を遣っているのに、なぜか体中からアンモニア臭が---。実はそれ、肝臓の疲れが原因なのです。暑くなる季節はよりニオイやすくなるので今すぐケアを!

お話を伺った先生

五味常明氏
五味クリニック院長。医学博士。『気になる口臭・体臭・加齢臭』(旬報社)をはじめ、ニオイに関する著書を多数執筆。
 

 残業中や疲れている時、自分がイヤなニオイを発していることに、ふと気付くことはないだろうか。そう、まるでアンモニアのような・・・。

 五味クリニック院長・五味常明氏によると、それは"疲労臭"だという。聞き慣れない言葉だが、汗に含まれるアンモニアが混じって臭っているそうだ。ちなみに皮脂が酸化したニオイは"加齢臭"といわれ、年を取れば誰でも出る。なぜ、汗にアンモニアが含まれるようになるのか? 

 食事などでタンパク質を摂取すると、腸内でニオイ物質のインドールや硫化水素、アンモニアなどに分解される。そして、これらは便として体外に排泄される(便が臭いのはこのため)。しかし、排泄されなかったニオイ物質は腸から体内に吸収され、肝臓で無毒・無臭化される。

ニオイ物質が体を巡る

「肝臓にはオルニチンサイクル(=尿素回路)というものがあり、アンモニアを無毒・無臭化して尿素を作ります。ところが、この回路がきちんと働かないと血液中のアンモニア濃度が高くなり、汗や皮膚ガスと一緒に体外に出てしまうのです」(五味氏)