復興も進まず、原発事故収束の見通しも立たない
「震災3ヵ月」混迷する政治への忸怩たる思い

とにかく、民主党がしっかりしてもらうほかはない

 大震災から3ヵ月が経った。復旧・復興への歩みは遅々としており、原発事故収束の見通しも立たず、被災地からは悲嘆の声が聞こえてくる。そして、永田町の政治の混迷が厳しく批判されている。政治家として忸怩たる思いである。

 統治の責任は、国民によって権力を託された政権党にある。とにかく、民主党がしっかりしてもらうほかはない。野党とて必要な協力は惜しまないが、いかんせん権限がない。国会で政府の方針を監視して、建設的提言を行うのが精一杯である。与党から野党に転じた国会議員は、その無力さ、そして政権交代の重みを身にしみて感じている。

 「急流で馬を乗り換えるな」というのも正しいが、「この急流だからこそ馬を替えねばならない」というのもまた正論である。震災以来の菅首相の対応を見ていると、後者の説をとらざるをえない。内閣不信任案否決以降も、退陣時期について、来年1月、8月、明日でもとか、言を左右している。これでは、国民の信頼を集めることはできまい。

 国会対策もまた稚拙である。民主党は、参議院の復興特別委員会の委員長に、不適切な発言で昨年11月に法相を辞任した柳田稔氏をあてることを決めた。

「法務大臣は二つのことだけを覚えていればよい」という彼の言葉は人々の記憶に新しいものであり、問責寸前で辞任した人物を重要な震災復興の特別委員長に任命する神経が理解できない。国会対策以前の常識の問題である。

 この問題に典型的に表れているように、民主党政権は、この2年間、国会対策を軽視してきたと言わざるをえない。政策も重要であるが、それを実現させるための政治技術もまた不可欠なのである。