雑誌
トニー・シェイ〔Zappos.com CEO〕アマゾンが欲しがった靴のネット通販経営者はツイッターフォロワー170万人をどう生かしたか

 アマゾンが欲しがった靴のネット通販経営者はツイッターフォロワー170万人をどう生かしたか---。

 Zappos(ザッポス)というアメリカの会社の名前を耳にしたことはあるだろうか。

 この会社が、いま全米を沸かせている。『フォーチュン』誌が選ぶ「働きがいのある企業100」ランキングで15位となり、'09年、アマゾンが約12億ドルで買収した。

 巨額を出してまで欲しいものをザッポスで作り出したのがCEOのトニー・シェイだ。彼を訪ねてザッポス本社のあるラスベガスへ飛んだ。

アマゾンが買収してまで欲しがった"企業文化"

 アメリカのネット通販会社「ザッポス」の本社は、ネバダ州のラスベガス市街から南にクルマで25分のヘンダーソンという砂漠に囲まれた町にある。社屋は白い低層のビルで、社屋の周りには緑の木々が植え込まれ、強い陽光にきらめいていた。

 このザッポスのメイン商品は靴で、商品はオリジナルではなく、アディダスやリーボックといったおなじみのラインナップだ。他にも洋服、バッグ、時計など約900ブランドの扱いがある。

 ザッポスの名前を日本で知っている人がいるとしたら、それは2009年にアマゾンが約12億ドルで買収した会社としてだろう。これは事業拡大に積極的なアマゾンにおいて、これまでで最大の買収案件となった。しかも"この買収は、アマゾンでなくザッポスの勝利"という報道がアメリカでは多い。

 それはなぜか。アマゾン傘下でも現経営陣がそのまま残留し、これまでどおりの企業文化で社名も本拠地も変更なし、ということが約束されていたからだ。

 アマゾンの傘下となった直後の社員総会で、トニーは、社員全員にキンドル1台と年収の40%の特別金を支給すると発表した。総額4000万ドルと制限付き株式を全従業員に分配したのだ。拍手と歓声でどよめくあちこちの社員の顔には感激の涙がつたっていた。舞台の上に立っていたトニーの思いも頂点に達していた。

Tony Hsieh
台湾系アメリカ人の第2世代。イリノイ州生まれ。5歳でカリフォルニアに家族と転居。3人兄弟の長男。
ハーバード大学でコンピューター・サイエンスを専攻、学位取得。
ネット広告企業、リンクイクスチェンジ社を立ち上げ、マイクロソフト社に2億6500万ドルで売却。
その後Zappos.com CEOに。36歳。独身〔PHOTO〕Jamey Kirklin,Greg Warden(以下同)