実録 「弁護士は儲からない」猛勉強して司法試験に受かって、やっと手に入れた憧れのバッジ・・・。しかし、就職先はなく、携帯1本&ネカフェで営業、年収300万円も。

2010年07月09日(金) FRIDAY
upperline

「私見ですが、仕事がないと嘆いている弁護士には、仕事を開拓しようという気持ちが乏しい。これが最大の問題です。 以前の弁護士には、依頼者や知人の紹介がないと仕事を受けない『一見さんお断り』の料亭商売をしていた人も多かったけれど、今はそれでは通用しません。

 僕は即独組で、自宅へ掛かってくる電話を携帯電話に転送して、24時間仕事をしていました。毎晩外に出ていろいろな人と会い、名刺も月100枚以上は配るというノルマを自分に課した。人との関係を築くために、呼ばれればバスケでも野球でもやった。そうしてコツコツと依頼者を増やしていったのです」

登録費も払えず廃業

 企業に雇われる企業弁護士になるのも、生き残る道の一つとK氏は指摘する。

「企業側には弁護士を採用する意欲は十分にあります。ただし、企業が用意している待遇と、弁護士有資格者が求めている待遇に大きなギャップがある。これが企業弁護士が増えない理由です。

 新人弁護士は600万円ぐらいは欲しいと思っているが、企業側は大学新卒プラスアルファで300万〜400万円と考えている。弁護士が折れればいいんです。まだ企業弁護士が増えていないこの段階だからこそ、先駆者的に企業に入ることには大きなメリットがあります。

 企業の中で十分に経験と実績を積み、それから就職活動をすれば、このご時世とはいえ、イソ弁先には困らないでしょう。弁護士の業務だけに固執せず、広い視野を持つことが、これからの弁護士には必要です」

 弁護士という職業のイメージを超えて働く—国内有数の難関試験をパスしても、仕事がなければ話にならないのだ。

 都下に事務所を構える40代ボス弁の言葉は、さらに重い。

「弁護士は、所属する都道府県の弁護士会に登録しないと仕事ができません。しかし、登録には毎月カネがかかります。東京では5000円程度ですが、弁護士人口が少ない地方だと、もっと高額です。弁護士は諸々の会費を払うだけで、少なくとも月に2万円以上はかかる。

 それだけ払い続けても仕事がない場合には、登録抹消の請求をする弁護士も出てきます。廃業です。日弁連の機関誌『自由と正義』に、毎号廃業した弁護士の名前が載るのですが、最近若い弁護士がよく目に付きますね」

 バッジで食える時代は終わり、食うためにバッジを外す者さえ現れた。弁護士の残酷物語は、過酷さを増す一方だ。

前へ 1 2 3 4 5 6

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事