スポーツ

告白・松坂大輔「謝罪します」

「太り過ぎ」「限界」…怪物が初めて明かした「ホンネ」

2010年01月09日(土) FRIDAY
friday

 インタビューは、のっけから衝撃事実の告白で始まった。

人差し指に光るはWBC優勝リング。連続MVPのカゲには不安、焦り、自責の念との孤独な戦いがあった〔PHOTO〕ジジ

 「'09 年の1月早々、右足の内転筋を痛めました。僕は投球フォームの中でも股関節まわりの動きを重要視していて、'08 年の冬から新しいトレーニングを練習に取り入れていたんです。自重―自分の体重を使って、股関節に徐々に負荷をかけて鍛える、というものです。一気にやるとケガするというのは十分、分かっていた。その日は、本当に微妙なところだったんですけど、ギリギリのところまで負荷をかけていくうちに、行き過ぎてしまったっていうんですかね……。痛みより、何やってんだオレ、これからドンドン仕上げていかないといけない時に、何、自分でケガしてんだ、と自責の念と不安でアタマが一杯になりました……。これが『原因』です」

 もちろんそれは4勝6敗、防御率5.76とプロ入り以来、最低の成績に終わった「原因」を指す。'09年の幕があけて早々、重大危機が松坂大輔(29)を襲っていたというのだ。

 「WBCを辞退しなければいけないほど重症なのか、見極めなければならなかった。でも、体は動く。消炎剤を飲めば、痛みも抑えられる。だから、トレーニングを続けました。実際は走るのもしんどかったんですが……」

 当時のスポーツ紙の記事を見ても「故障」の文字は見当たらない。イチローの神戸での自主トレに参加した話が目立つ程度だ。

 「シーズン終了後、イチローさんから電話がかかってきて、『お前、カラダ大丈夫だったのか?』って聞かれました。どこかで僕のケガの話を耳にしたんだと思います。続けて、『お前、あん時(神戸での自主トレ)は?』ときたので『もう、ケガしてましたよ』と答えたら、『言えよ! お前、そんなんで(WBC)やるなよ!』って怒られました(笑)」

1
nextpage


Special Feature
最新号のご紹介