iPadの可能性を「五箇山のナノちゃん」に教わった!

 人生には、時々「想定外」が起こるものだが、今回の想定外は、あまりにできすぎた話だった。そこで、突然ひらめいた。

キンドルかiPadか?

 私は、電子ペーパーコンソーシアムの委員長を務めているので、アマゾンのキンドルや、ソニーの電子ブックの情報がふんだんに入ってくる。キンドルは近いうちに日本に上陸してくるだろう。

 一方、アップルは、日本で5月28日にiPadを発売している。iPadはディスプレーが液晶なので、電子ペーパーではないが、電子ブックとして隣接領域になる。そこで、多くの人から「キンドルとiPadはどっちが勝つか?」という質問を受ける。

 これは愚問というべきもので、この2種類は草食動物と肉食動物ぐらいの差がある。最大の差は、画面のリフレッシュ時間だ。キンドルは電子ペーパーという制約で、画面の切り替えに0.5秒ほどかかる。このスピードでは動画は表示できないし、Webとのインタラクションも不自由だ。そして、画面へのタッチ操作ができない。

 iPadはきれいなカラー画面で、動画も表示でき、Webはスイスイ、マルチタッチで遊べる。

 そうした点から、キンドルは本の性格を色濃く残したコンテンツの表示で、ユーザーを獲得していくだろうと思われる。一方、iPadは、パソコンにかなり近い使われ方をするだろう。ゲーム的な用途も広がるだろう。

 iPadの弱点は700グラム前後の重さだ。バッグに入れて持ち歩くには、キンドルなみの400グラム前後まで減量しないと無理だろう。

 そこで、私は、普段はデジタルフォトフレームのように、卓上に立てるとか、壁に掛けておき、時々持ち出すという使い方が主流になると考えていた。その場合に、iPod用の数秒で画面を変えながらニュースや写真を放映するネットサービスが出てくるということもあり得るとも。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら