賢者の知恵
2010年07月01日(木) セオリー

松本大 マネックス証券社長
「逆風でもヨットは目的の方向に進むことができるんです」

「100年に一度の金融危機など、まったくの嘘」

週刊現代
upperline
松本大/まつもと おおき
1963年埼玉県生まれ。
東京大学法学部卒業。ソロモン・ブラザーズ、ゴールドマン・サックスといった外資系証券会社に勤務した後、1999年にマネックス証券を設立。
2000年には会社設立からわずか1年4ヵ月で東証マザーズに上場。2001年には米誌「フォーチュン」の「次代を担う世界の若手経営者25人」の一人に選ばれた。著書に『私の仕事術』、共著に『この国を作り変えよう』などがある
                              ∴
 取材時間を大幅にオーバーしていたが、さらなる撮影を了解し、エントランスまで走る姿が印象的だ 〔PHOTO〕中村將一(以下同)

 

  取材予定の時間をすこし過ぎて部屋に入ってきた松本さんは、「遅れて申し訳ございません」と言って深々と頭を下げた。

 音も立てずにスッと席に着くと、自然にミネラルウォーターを口にふくむ。

 机上には『古今和歌集』。「ビジネス書はまったく読まないんです」と言い切る男が語る「新しいビジネスモデル」とは---。

「10億円捨てた男」が語る「よくある出来事」としてのリーマンショック

 「『100年に一度の経済危機』というのは、まったくの嘘ですよ。自慢するわけじゃないですが、僕はリーマンショックが起きた直後からそう言い続けている。今までもあったことだし、これからもあることです。最近は10年に一度くらいの頻度で起きている状況となんら変わりません」

 サブプライムローン問題、リーマンショックに端を発する一連の経済異常事態を世間では「100年に一度の危機」と呼ぶことが多い。この危機によって、ビジネスや経済環境はどのような変化があったのか? と質問した際、松本さんが最初に発した言葉だ。

 松本大。マネックス証券代表取締役CEO。東京大学法学部を卒業後、外資系証券ソロモン・ブラザーズに新卒で就職。3年後にはゴールドマン・サックスに移籍。史上最年少でゼネラルパートナー(共同経営者)に就任したが、その地位を捨ててマネックス証券を35歳で立ち上げた。

次ページ  退職した際のゴールドマン・サ…
1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事