蓮舫レポート

6年ぶりにwebサイトをリニューアル
始めたわかった!twitterこそ「新しい公共」だ

2010年01月10日(日) 蓮舫
upperline

 自分のweb siteを新しくしました。

 2004年に参議院議員選挙に立候補するときにつくったのが旧web siteで、実に6年ぶりのリニューアルです(笑)。

 twitterも、去年の11月、事業仕分けをするちょっと前に始めました(@renho_sha)。

 新しいサイトをつくってくれた高橋茂さん@voicejapanによれば、前のサイトは当時の最先端の技術をいろいろと使ってあって、とても「懐かしい」とおっしゃってました。

(どこがそうなのか、よくわかりませんですが……)

 逆に、「へ~、こんなのもないのか」ってのもあるそうです。

 たとえば、今回リニューアルしたサイトでは、ビデオレターにはYouTubeを使ってますが、私が初当選した当時はYouTubeはまだ存在してませんでした。YouTubeは2005年12月にサービスを開始しています。

 twitterは2006年7月に始まっていて、YouTubeに関しては

 「まだ4年しか経ってないんだ」

 で、twitterについては、

 「もう4年にもなるんだ」

 ですけど、日本でどばーっと使われるようになるのは、やっぱり去年ぐらいからでしょうか。逢坂誠二さん@seiji_ohsakaたちが

「さあ今日も活動を開始します。」

 とつぶやいていたのが、いつの間にかどんどん増えて、twitterを使っている国会議員が「twitter議員」と呼ばるようになり、こんなサイトまでできています。

 面白いのは、twitterっていろんな「機能」「サイト」がどんどん増えていくんですが、これは「誰か」が「こんなのあったら面白いな」とか、「こんなふうにひとまとめにしたら便利だな」と感じて、

 「ほら、つくったから使ってみて」

 とリリースしたものを、また別の「誰か」が使って

 「こりゃ面白い。こりゃ便利」

 と評価したのが口コミ耳伝えで広がっていって、みんながその便利や楽しさを共有できるようになっている、ということです。

 これもひとつの、「新しい公共」@hatoyamayukio ではないでしょうか。


このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ