永田町ディープスロート

小沢前幹事長が"消費税10%の菅首相"に「ありゃ長持ちせんな」

勝負は9月の代表選。独裁者は
「サポーター獲得作戦」で足元を固めていた

2010年07月02日(金) FRIDAY
friday
upperline

「ついに暴走したか・・・」

 仙谷由人官房長官(64)と玄葉光一郎政調会長(46)は、寝耳に水の一報に顔をしかめるしかなかった。

「早期に超党派で議論を始めたい。自民党が提案している10%を一つの参考にしたい」---。

 6月17日、参院選公約の発表会見で、菅直人首相(63)が言い出した「消費税率を10%にアップ」。自民党案を拝借した姿勢に、民主・自民両党から「抱きつき掏摸」との罵声が飛んだ。

川井さん宅に届いたハガキ。名目は事務所開設のお知らせだが、< サポーターに推薦させて頂きました >との一文が

「だいたい、党に一度も諮ってない話だ。それをああいう形で発言するのは、どういうことなんですか」

 玄葉氏に至っては、菅首相に直接そう問い質したという。増税論が鬼門なのは永田町の常識。参院選を控えた今の時期であれば、なおさら"禁句"だ。菅首相の独断に対し、誰よりも怒りに震えたのが、あの"独裁者"であろう。

「結局、あれだ。(首相就任の前に)財務大臣になって、財務官僚にやられちまったんだな。ありゃ、長持ちせんな」

 民主党の幹部たちによれば、小沢一郎前幹事長(68)は、「消費税10%」発言を受け、側近にこう語ったとされる。だが、小沢氏は決して、表立って菅首相に弓を引くマネなどしない。

「『静かにしておれ』と言われているので、参院選では田舎の山奥やさびれた港町、大都会の裏町を回りたい」

次ページ  パーティ(6月17日)でこう…
1 2 3 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ