雑誌
ドキュメント 菅政権が封殺を企んだ「福島第一原発吉田昌郎所長が語る真実」
国を救うため、注水継続も開始も彼が決断した!
現地対策本部がある免震棟で指揮を執る吉田昌郎所長。処分は「するかどうかも含めて検討中」(東電広報)

  フクシマでいったい何が起きていたのか。菅首相の不作為の罪を問う!

 形だけ見れば、最高指揮官である菅直人首相の指示を無視するなど、とんでもない大罪である。だが、原子力委員会の原子力防護専門部会の専門委員を務めている独立総合研究所社長・青山繁晴氏の見方はまるで逆だった。

「たとえ100万人が非難しても、僕は断固、吉田昌郎所長を支持します」

 青山氏は経済産業大臣の諮問機関「総合資源エネルギー調査会」専門委員の肩書も持つ、核セキュリティやエネルギー安全保障の専門家。原発のリスクについては、12年前から啓蒙活動を行っている。4月22日、青山氏は東電の許可を得て福島第一原発を訪問した(以下、断りがない場合は青山氏の発言)。

「原発事故の対応で何より大事なのが炉心の冷却です。震災直後は、消火系という火災発生時に使うシステムで真水を注入していました。しかし、消火系タンクが空になれば注水は止まってしまう。作業日誌などの資料によれば、震災翌日の3月12日の未明には、吉田所長を中心とした現場から『海水注入に切り替えるべき』との方針が(東京電力)本店に伝えられています。12日午後0時2分には本店も『注水最優先』と決断している。これはつまり、海水を入れることで原発を廃炉にしてもいい、という意味です」

 同日午後2時53分、タンクの水が尽きる。だが、直ちに海水に切り替え—とならなかったことで悲劇の幕が開く。

「3月11日夜7時の緊急事態宣言をもって、現場の指揮権は官邸(原子力災害対策本部)に移っているのですが、官邸は何の指示も出せなかった」

 午後3時36分、福島第一原発1号機で水素爆発が発生。だが、この期に及んでも官邸からは何の指示も来ない。海水注入を巡る会議がようやく始まったのが、午後6時のこと。だが、6時20分に会議が終了した後もGOサインは出ない。第一の〝反逆〟はここでなされたという。

平時の吉田所長。若い作業員にも声をかける気配りの人だという(東京電力提供)

「午後7時4分、吉田所長は発電所長の権限で、海水注入を開始しました。ところがその直後の7時25分に本店とのテレビ会議が始まり、『総理の理解が得られてないから』と、注水の中断の指示が出た。

 菅首相が官邸での会議の最後に『(海水注入で再臨界するかどうかも含めて)全部詰めろ』と発言したのが原因です。彼は国会答弁で『止めろとは言ってない』と言っていましたが、『詰めろ』と言ったことは隠している」

福島第一原発に調査に訪れたIAEAの調査員とガッチリ握手(5月27日)(東京電力提供)

「詰めろ」とは、十分に検討して結論を出せ、ということだ。この首相の煮え切らぬ指示が、第二の〝反逆〟を生んだことは周知のとおり。「再臨界は実際には起こらない」と判断した吉田所長は、テレビ会議では沈黙しておいて、独断で海水注入を続けていたのだ。

「おかげで、第二の水素爆発は起きずにすんだ。格納容器、圧力容器の損傷も最低限で済みました。冷却に成功し、放射線量が下がり、作業員が中に入れるようになった。彼が自らを顧みず、日本のためにやるべきことをやったからです」

 吉田所長は '55年、大阪府の生まれ。東京工業大学大学院修了後、 '79年に東電に入社。3度にわたる福島第一原発勤務を経て、昨年6月に所長に就任した。すでに何度か報じられているように、相手が上司だろうが、間違った指示には食ってかかる〝豪傑〟として知られている。

「目を保護するためだそうですが、たまにサングラスをかけて対策本部のある免震棟内を歩いているんです。身長も180cmくらいあって、ちょっとした親分オーラがありますね」(現場作業員)

 4月22日、福島第一原発を訪問した際に実物と会った青山氏も惹かれた一人。

「最初の1~2週間は必死に原子炉の冷却をやっていた」「工程表に書かれていることを一つ一つ達成していくのはかなりの力がいるが、現場の士気は高い」

テレビ会議の一コマ。海江田万里経産相や本店幹部に吉田所長が反論することも(東京電力提供)

 丁寧に説明する吉田所長。質疑応答が終盤に差し掛かった時のことだった。

「最も懸念される巨大余震と津波について聞いたら、彼はこう答えたんです。『致命的です』と。面会の際、僕はビデオカメラを回していました。もちろん、『撮ってもいいですか?』と聞いて了承を得ています。そのやり取りの中で、吉田所長が『テレビで放映するんですか』と聞いてきたので、『放送します』と答えました。

免震棟2階に向かう指揮官の背中には「1F(福島第一原発)吉田所長」の文字が 

 放送されることが前提なのに、致命的と言える最高責任者はなかなかいない。吉田所長は『3月下旬から、原発構内に防波堤を作るべきだと主張してきました』という趣旨のことを私に言いました。原子力安全・保安院は『検査や書類が必要』と腰が重い。

 かといって本店が提案する土嚢では、津波は防げない。この危機的状況を改善するため、テレビで流れることを前提に吉田所長は敢えて、致命的と言ったんだと思います」

 最前線に乗り込んだ青山氏だからこそ聞けた、吉田所長が語る真実。だが、このメッセージの封殺を目論む者がいた。

「逮捕しろ」

右奥が免震棟。2階の緊急時対策室には常時250~600人のスタッフが詰める

 青山氏が最初に圧力を感じたのは、4月25日。関西ローカルの番組で原発レポートが放送される2日前のことだった。

「内閣府の官僚から独立総合研究所に電話があり、対応した秘書によれば、『青山先生はいったい、どういう資格で(原発に)行かれたんですか?』と言われたという。僕がその官僚に電話すると、『原子力委員会は何をやっているんだ。

 何で行かせたんだ』と経済産業省の幹部に言われたから問い合わせをした、と言う。

免震棟内には仮眠をとる者、ミーティングをする者など様々な作業員の姿が

 私は原子力委員会の専門委員だけど、国家公務員ではなく、アドバイスをする立場。委員会に(福島第一原発に行けと)指図されるいわれはない。そう伝えると、その官僚は『よく分かりました! 大変失礼いたしました!』と謝罪したんです」

 これで終わったかと思いきや、放送後、同じ官僚からまた電話がかかってきた。
「こないだ『分かった』って言ったじゃないか、と聞くと『今度は内閣府の副大臣の一人がお聞きになっている』と」

放射性物質の流入を防ぐため、免震棟の出入り口は三重扉でエアロックされている。写真手前の作業員はドア開閉の担当者。「作業員には連帯感があった」

 以下、青山氏と副大臣のやり取りだ。

副大臣「(原子力委員会の)専門委員として『行きたい』と迫ったのではないか」

青山氏「専門委員としての立場を示して、あるいは強調して、または振りかざして東電と交渉した事実は一切ありません。なぜそれを私に聞くのですか。何の法的根拠と権限があってのことか」

副大臣「権限はありません。法的根拠もありません。ただ、副大臣として聞いておきたいから聞いている」

青山氏「法的根拠も権限もなくこのように聞くというのは私に対する圧力だ!」

副大臣「東電は『専門委員として受け入れた』と言っている」

青山氏「それは東電の解釈であって、立場を振りかざして交渉した事実はない」

副大臣「個人として行かれたのなら、それで結構! お詫びします。だけど、私はもう一度、東電に聞いてみます」

 これで終わったかと思いきや、後日、捜査当局の幹部から、青山氏は衝撃の事実を聞かされるのであった。

「内閣府の副大臣が官邸に行って、『青山繁晴を何とかしろ』と言っている。逮捕しろという意味だと思います」

実際に福島第一原発に持ち込んだビデオカメラを片手に語る青山繁晴氏。「記者を20年やってましたから物凄い数の人と会ってますが吉田所長は5本の指に入る人物」[PHOTO]鬼怒川毅

 青山氏が述懐する。

「僕を逮捕するんですか? と聞いたら、その幹部は『とんでもない』と否定しました。副大臣は守秘義務違反を問題にしようとしているんですか? と聞いたら、『専門委員は国家公務員じゃないから給料を貰ってないし、一般的な守秘義務はないんです。法的に何の問題もない』と。

 その後、官邸周辺の官僚と会ったら、『先生、本当は僕もおかしいと思っていました』と言いながら、ペーパーを私に差し出してきた。それを見て分かったんですが、副大臣は災害対策基本法第63条---緊急時の対応に必要な者をのぞいて、市町村長の許可なく警戒区域に入ってはいけない---を用いて、私を逮捕しようとしていたのです」

 逮捕して、これ以上の政府批判を止めさせようとしていたというから呆れる。青山氏もそこは心得ていた。彼を原発に誘った東電社員に事前に確認しているのだ。

「我々は青山先生の知見を必要としているので〝緊急時の対応に必要な者〟ですから、問題ありません」というのがその答えだった。

「広報には内閣府副大臣から問い合わせはきておりません。ただ、青山氏については、専門委員として来られたと認識しております」(東電広報)
全国紙政治部記者が補足する。

「官邸は『東電が廃炉を渋る中、首相が海水注入を断行させた』というシナリオを国民に信じさせたかった。それが海水注入中断を巡る一連の騒ぎの中でウソだとバレてしまった。そのうえ、首相が太鼓判を押している収束プランさえも、津波一撃で吹き飛ぶことまで吉田所長の『致命的』発言で国民の知るところになる。それを何としても避けたかったんでしょうね」

 独断は間違いなく英断だったのだ。

現代ビジネスブック 第1弾
田原 総一朗
『Twitterの神々 新聞・テレビの時代は終わった』
(講談社刊、税込み1,575円)
発売中

amazonこちらをご覧ください。

楽天ブックスこちらをご覧ください。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら